緊急通報ダイヤルでピザを注文する女性。いたずら電話かと思ったら衝撃的な結末が待っていた!

56,983 views

イギリスのメディアMetroが伝えた
ある電話のやり取りが注目されています。

まずはご覧ください。

《実際のやり取りはここから》

オペレーター:911です。どちらで緊急事態が発生しましたか?
女性:メインストリートの123番地です

オペレーター:OK、そこで何が起こっているのですか?
女性:ピザを注文したいのですが

オペレーター:奥さん、あなたは911に電話していますよ
女性:はい、わかってます。ラージサイズのピザをサラミ、マッシュルームとピーマンのハーフアンドハーフでお願いできますか?

オペレーター:う~ん…申し訳ありません。あなたは911に電話をしていることを分かっていますよね?
女性:はい、どのくらいかかりますか?

オペレーター:OK、奥さん。そっちは大丈夫? 緊急事態なの?
女性:はい

オペレーター:誰かがそこにいるから、正直な話ができないの?
女性:はい、そうです。どれくらいかかりますか?

オペレーター:そちらまで約1.6kmの距離に警官がいます。あなたの家に武器はありますか?
女性:いいえ

オペレーター:このまま会話を続けることはできますか?
女性:いいえ。それでは、ありがとう

《実際のやり取りはここまで》

 

その後、オペレーターはかかってきた電話の住所を検索すると、
過去に家庭内暴力事件に関する履歴があることが判明。

すぐに警官がその住所に急行したところ、
ひどく暴力をふるわれた女性と酔っぱらった男性を発見。

ピザを注文してきた女性は、
実はドメスティックバイオレンスの被害にあっていたのでした。

そしてこの電話を受けたオペレーターは

「このトリックを使った女性は賢かったと思う。
最も印象に残る通報のひとつだ」

と、語っているそうです。

******************************

こういった緊急通報って
予想もしない出来事が起こってしまう事も多々ある事でしょう。

オペレーターって、ただ電話を受けるだけでなく、
こういった時の判断力や決断力も要求される。

一歩判断を誤れば、とんでもない事件や悲劇を見逃す事となるでしょう。

オペレーターってとても重要な任務なんですね。

出典元:fundo.jp

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑