バスケの試合中にダウン症のチアリーダーを中傷する観客。その時彼女を守ったのは・・・?

151,087 views


ウィスコンシン州ケノーシャのリンカーン中学校に在籍するデザレー・アンドリュースさん(通称「ディー」)はダウン症でありながら、なんとチアリーダーとして活躍しています。ある日のバスケットボールの試合中、チームを応援していた彼女に観客から心ない言葉が・・・その時、彼女を守ったのは他ならぬ試合中の選手たち!


彼らは審判にタイムを申し出ます。そして一丸となって『彼女に近づくな』とその観客に詰め寄ったのです。試合を中断してまで彼女を守った選手たちですが、後のインタビューで『僕らはみんな同じ人間なのに、ある特定の人だけが間違った扱いを受けるのは公平ではない。』と答えています。彼らにとっては、全くもって当たり前のことをしただけなのです。


当時、その試合の観客の中にディーの父親も混じっていました。娘への心ない言葉を耳にし、娘の気持ちを案じて暗い表情になる父親。その時、父親に優しく伸びたディーの手。そして顔を見合わせ、こう言いました。「パパ、私は大丈夫。みんなが私のことを嫌っていても、私はみんなが大好きよ。」


自分が中傷されながらも父親の混乱に気付いた彼女の行動は立派ですね!そんなディーや選手たちの尊厳のある行動を知った中学校は、体育館を「D’s House(ディー ズ ハウス)」と名付け、彼女たちを称えたそうです。

その時のニュース映像はこちら!

ハンデを乗り越え、チアリーダーとして活躍するようになるまでには並々ならぬ努力と苦労があったはず。彼女の強さと、仲間たちの心に目頭が熱くなりました。日本の学校や社会もこうあってほしいものです。

出典元:buzzmag.jp 

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑