「ずっと一緒だったよ」小学校の時に渡した約束の指輪を片時も外さずつけていた幼なじみに涙・・・

21,777 views

人からじゃないけど俺の嫁の実話。

俺今年で25になるんだけど
高校生の頃の話しちょっと長くなる。

小さい頃から幼なじみの女が
いるんだがそいつとは本当に仲がよかった。

小学生の頃、親父の左手の薬指に
つけてた指輪が気になって、 親父に

「なんでずっとつけてるの?」

って聞いたんだ。

そしたら

「これはな、
母ちゃんとの約束の指輪だよ。」

「これをつけてれば
離れてても一緒なんだよ。」

って笑顔で言ったんだよ。

それで俺はその幼なじみと
結婚したかったから

ずっと豚の貯金箱に
貯めてた小遣いを(1000¥くらい)
もって商店街のアクセサリーショップ
みたいなところに行って

「一番いい指輪ください!」

って店員に言ったのよ。

そしたら店員のお姉さんが

「お母さんにあげるの?」

って聞かれたから

「お嫁さんの!」

って言ったらお姉さんが

「じゃあちょっと待っててね。」
って指輪探し始めた。

で、お姉さんが綺麗に
ラッピングしてくれた指輪持ってきて
俺はありったけの小銭をお姉さんに渡した。

お姉さんは笑って

「頑張って!」

って俺を見送ってくれた。

俺はその幼なじみに親父から聞いたことを
そのまま言いながら 幼なじみに指輪を渡した。

幼なじみはびっくりしたような顔しながら
頬にチューしてくれたんだよ。

それから時がたって幼なじみは
小学校卒業と同時に親の都合で転校。

俺は地元の中学に行ったんだが
別れが寂しくてさよならって言えなかったのが
ずっと引っ掛かってた。

それから更に時が進んで、高校に入学。

高校には可愛い子がいっぱいいて
好きな子もできた。

もう高校が楽しくて
幼なじみのことはわすれてた。

でも高校2年の春休みに
幼なじみの母ちゃんから電話が来て、
今幼なじみが入院してるって言うのよ。

俺はなんか今更ながら心配で見舞いに行った。

見舞いに行くと、
個室のベットで幼なじみが寝てる。

病院の配慮で窓から桜が見える部屋だった。

ベットで寝てる幼なじみは
ものすごく綺麗でなんかドキドキした。

で、なんの病気か
わからなかったけど左手を握った。

そしたら薬指に違和感感じて
見たら俺があげた指輪がついてた。

なんでかわからないけど
涙が止まらなかった。

幼なじみは起きて、
俺の泣き顔を笑顔で見てた。

極めつけは笑顔で

「指輪つけてたから
ずっと一緒だったよ?」

って言うのよ。

もう涙が止まらなくて、
ずっと病室で頭撫でてもらいながら泣いた。

幼なじみの母ちゃんが言うには
ずっと指輪はずさずにつけてたらしい。

バカだよなぁ、血止まっちゃうよ。

だから今度新しい婚約指輪買いに行ってくる。

**************************

幸せな高校生活という目の前の幸せに
気を取られてしまっていた傍ら、

彼を信じて約束の指輪をずっとつけていた彼女。

この、一途で優しい幼なじみの彼女との
ハッピーエンドに心が温まりました。

末永く、幸せになってほしいものです。

出典元:泣ける話・感動する話 – 涙腺崩壊 

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑