患者が息を引き取った直後、打ちひしがれて路肩に崩れ落ちる医師の後ろ姿が心に刺さる

77,780 views

救急救命の現場では、生死の境をさまよう患者が
毎日のように搬送されてきます。

そんな中、懸命な治療も虚しく亡くなられてしまう
患者も決して珍しくはありません。

その時の遺族の悲しみは、察するに余りあるものがありますが、
治療に当たった医師の心境はどんなものなのでしょうか・・・?

今、世界中で話題となっている1枚の写真があります。

この写真に写っている医師は、19歳の患者の治療に全力を尽くしていましたが
その努力も虚しく、患者は息を引き取ってしまいました。

その直後の姿を、この医師の同僚がRedditに投稿したものだそうです。

打ちひしがれ、路肩に崩れ落ちる救命医の後ろ姿。

この1枚の写真に、世界中から多くのコメントが寄せられています。

 
《コメントはここから》

「自分ならここまで真剣に命を救おうとしてくれる医師に診てもらいたい」

(この医師のご家族から)
「患者を救えなかったと、家に帰ってから泣いていました」

(同業者の救命医から)
「本当に辛い悲しいことが起きるけど、それでも、
この仕事を選んで良かったと思っている」

《コメントはここまで》

救急救命のみならず、あらゆる医療現場で毎日戦う医師やスタッフ達は
常に真剣に、全力を尽くして命と向き合っているんですね。

このように心を痛める事も多い中、それでも日々尊い命を救う為に
懸命に立ち向かうその姿勢には本当に頭が下がる思いです。

出典元:grape 

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑