40年間で35人の捨て子を育て上げた中国の女性に世界中が感動

20,579 views

中国の浙江省の金華市在住の楼小英(ロウ・シャオイン)さん。

彼女の歩んできた人生が今、世界中に感動を与えています。

楼さんは、道に捨てられているゴミを拾い、それをリサイクルすること
でなんとか生計を立ててきました。

しかし、貧困のなかで生きてきた彼女が、道で拾っていたものは
ゴミだけではありませんでした。

なんと、40年間で35人もの捨て子を救い、育て上げてきたのです。

1972年、女の子との出会いが始まりでした。

その女の子は道のゴミの中に捨てられていました。

「もし私たちがあの時その子を助けていなかったら、
彼女はきっと死んでいたことでしょう」

と楼さんは語っています。

その子が成長していく様子を見るのが、楼さん達の幸せでした。

そして彼女は気づいたのです。

自分は子どもの世話をすることが本当に大好きなんだということを・・・

以来彼女は40年もの間、35人にも及ぶ捨てられた子供達を助け、
実の子と同じように大切に育て上げてきました。

17年前に夫に先立たれた楼さんは、拾った子どもたちのうち
4人を自分のもとに置き、残りの子どもたちは
友人や親戚のところに預け、面倒を見てもらいました。

そして82歳の時、今の楼さんの最も幼い子ども張麒麟くんを
ゴミ箱の中で見つけます。

楼さんは、当時の事を

「私はすでに歳をとっていましたが、その赤ちゃんを無視し、
ゴミの中で死なせることなんできませんでした。

その子はとても可愛らしく、そしてとても苦しそうでした。

私はその赤ちゃんを家に連れて帰らなければと思ったのです」

と語っています。

そして、こちらが今の楼さんの最も幼い子ども・張麒麟くん。
とってもやんちゃそうですね^^

現在、88歳となった楼さんは腎不全のために入院生活を送っています。

話すことも動くこともままならないほど身体が弱っているそうなのですが、
そんな今の彼女の願いは、まだ幼い麒麟くんをどうしても学校へと通わせたいという事。

実は楼さんは、これまで2人の娘を中学まで行かせています。

しかし、それより年上の3人の子どもたちを
学校へ行かせてやることができませんでした。

それがとても心残りのようで、麒麟くんをなんとしても
学校に行かせてやりたいのでしょう。

血のつながった実の娘・張彩英さんを育てながら、
道で拾った子どもたちも我が子のように愛してきた楼さん。

その楼さんのもとで育った子どもの一人・張晶晶さん(当時33歳)は、
楼さんがどんな母親だったかをあるテレビ局のインタビューのなかで、
次のように話しています。

《インタビューの内容はここから》

「あの頃、母は何も食べることができませんでした。

母はゴミを拾うため、真夜中に出かけなければいけなかったのです。

私たちが寝た後に、母は出かけていました。

そして明け方、まだ明るくなる前に家に帰ってくるのです。

当時私たちは、ろくに食べることができず、大根、かぼちゃ、
それからサツマイモなどが、その当時食べていたものです」

「私たちにお腹いっぱいになるまで先に食べさせて、その後やっと母が食べます。

私たち子どもが、満腹になるまで食べたのを見て、母は心の中で
『これで安心して自分も食べられる』と思っていたのでしょう」

「例えば12個のアメを3人の子どもに分ける時、
母はなにがあっても均等にそのアメを、子どもたちに分け与えます。

母は血のつながった実の子どもがいるのですが、
拾ってきた子どもと分け隔てなく接するのです。

えこひいきなんてしません。

自分の子どもだけいいものを着せようとか、たくさん食べさせようとか、
そういうことは決してしませんでした」

「母がこのように病気にかかってしまうとは、誰も想像していませんでした。

私たちは今でも母が100歳まで生きられると思っています。

母がもっと長生きしてくれれば、
私たちも母ともっと同じ時間を過ごすことができます。

もし本当に母がいなくなってしまったら、
“お母さん” と呼べる人が本当にいなくなってしまうのです」

《インタビューの内容はここまで》

 

この彼女の物人生が中国のニュースで報じられた途端、瞬く間に多くの人の心を打ち、
入院費を援助するための募金サイトまで立ち上がりました。

さらに、戸籍の関係で小学校への入学が厳しいとされてきた麒麟くんですが、
この楼さんの願いや生き様に感銘を受け、地元の公的機関までもが
戸籍問題の解決へと動き出したのです。

それに呼応して、金華市の小学校も麒麟くんの入学を認めており、
楼さんの話に感銘を受けたという校長先生は

「これは楼さんの人生最後の望みであり、
我々はそれを叶える手助けをしなければいけません」

とその熱い気持ちを語っています。

楼さんが伝えたいこと・・・

 「私たちにゴミを集めてリサイクルする力があるのなら、
 人の命のような大切なものもきっと「再生」できるはずです。

 道に捨てられた子どもたちは、愛情と保護を必要としています。

 彼らはみんな大切な命なのです。

 どうしたらこんなか弱い赤ん坊たちを道に捨てられるのでしょうか。」

******************************

血の繋がった子供を捨てたり、殺してしまったりする世の中。

日本だけでなく、世界中で命の尊さが失われつつある現在、
こんなにたくさんの子供を愛情深く育ててきたなんて・・・

こういう人こそ、長生きして欲しいものです。

子供達の為にも、1日でも早いご回復を願っております。

出典元:rocketnews24.com 

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑