自転車泥棒だと思われた?警官に止められ、カッとなった青年の心を変えた年配警察官の言葉とは・・・

77,135 views

福島県から大阪府に引っ越しをした青年が、
街中で自転車を走らせていると、
若い警察官が声をかけてきました。

「その自転車、キミのもの?」

引っ越しをした青年の自転車に貼られていた防犯登録シールは
福島県の防犯ナンバーだったのです。

違う県から盗まれたのではないか?と疑われていると思った青年。

カッとなり、大声を上げます。

「なんです? 俺が泥棒だっていうの??」

若い警官はひるまず、
「疑っているわけじゃないよ、ただ…」

「ムカつく…!!」と、警官を避けて立ち去ろうとした青年。

そこへ近寄ってきたのは年配の警察官。

「待って。きみの気持ちはわかるよ、でも少し話を聞いて」

年配の警察官の優しい物言いに、イライラしながらも
ちょっとだけ耳を貸すことにした青年。

「疑われて、嫌だと思うのはわかるよ。

私たちだってこんなこと、したくないんだ。

でも、こうやって私たちが声をかけることで、
一つでも盗まれた自転車が持ち主の元に返る可能性が増えるんだよ」

さらに年配の警察官は続けます。

「自転車が盗まれるなんてこと、なくなればいいんだけどね…」

話を聞いているうちに、青年はさっきまでのイライラとした気持ちが
すっと消えたことに気づきました。

そして、自転車は自分のものであること。

引っ越しをしたのでシールが県外のものだという事を説明をしました。

そして、青年の話を聞いた年配の警察官は、

「協力してくれてありがとう」

と笑顔で立ち去って行ったそうです。

青年は、

「警察官に、あんなふうに言われたのは初めてだった」

と語ります。

相手を悪者かもしれないと疑って声をかけたのではなく、
盗まれた自転車を持ち主のもとに返したいという気持ちで
声をかけた年配の警察官に深く共感した青年。

その後、車を購入した青年は、何度か運転中に
警察官から声をかけられることがあったそうです。

急いでいる時に車を止められ、イライラすることもあるけれど、
その度にあのときの年配の警察官を思い出し、
「協力しよう」という気持ちで応じているそうです。

********************************

言い方を考え、誠意を持って接する事で
人の気持ちはこんなにも動くものなんですね!

相手の気持ちに寄り添う言葉使いって難しいけれど、
心がけていきたいと思います。

出典元:grape 

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑