アメリカ、ニューヨークでのお話である。

アメリカでは貧しい人が電車内や道路などで花などを売っている場合がある。

この女性もそんな1人で、この日も電車に乗り込み花を売っていた。

 すると1人の男性が女性に話しかけてきた。

「1本いくらだい?」。

女性は答える。

「1本1ドルだけど15本買ってくれるなら14ドルでいいわ」。

それを聞いた男性は、「花は全部で何本あるんだい?」さらに質問した。

「全部で140本あるけど?」

映像は、たまたま乗り合わせた乗客が
花売りの女性を撮影していた時に起きたハプニングである。

「わかった。じゃあ全部買うよ。140ドルでいいね?」
「えっ?うそでしょ・・・」

男性はポケットから札束を取り出すと150ドルを女性に手渡した。

信じられないといった様子の花売りの女性。男性はこの女性に対してこういった。

「その代りお願いがあるんだ。この花を全部、タダでみんなにあげてくれないか?
絶対約束だよ。守れるかい?」

「ええ、約束は必ず守るわ」。女性は男性と固い握手を交わした。

女性はこみ上げてきたものが溢れだした。

突然訪れた奇跡に感極まってしまったようだ。

女性は男性との約束を守るため、車内でこう叫んだ。

「みんなー、今日はこの花全部タダよ。自由に持ち帰って!」

これもアメリカで高まりを見せている
「Randome Act of Kindness(ランダムアクトオブカインドネス)」、
日本でいうところの恩送りの一種だろう。

この場で幸せになったのは女性だけではない。

その場にいる人全員が幸せな気分となったはずだ。

そして行動を起こした男性も、きっと幸せだったに違いない。

例えその瞬間だけでも、みんながやさしい気持ちになれたはずなんだ。

*******************************

アメリカでは、こんな風に貧しい生活に苦しみながら
毎日を送っている人がたくさんいるんですね。

愛情あふれる男性の行動に目頭が熱くなりました。

この女性に、幸せな未来が訪れる事を願うと共に
その場に居合わせた人々が「いつか自分も」と
思ってくれるような優しい世の中を望みます。

出典元:カラパイア Miracle on 6 train today