30年以上、毎朝琴を背負って思い出の場所に通い続ける老人。その理由に涙が止まらない・・・

9,745 views

86歳のチウおじいさん。

毎朝スープを作って水筒に入れ、琴を背負って
20キロ以上の道のりを歩き、ある場所へと向かいます。

もうそんな生活を続けて30年以上。

もうかなりの高齢にも関わらず、一体なぜ・・・?

出典元:タイのCM(日本語字幕)โฆษณาไทย(บรรยายญี่ปุ่น):タイ生命保険「チウおじさん」 

毎日おじいさんが向かう先には、死別した妻のお墓があったのです。

ここはかつて2人でよく時を過ごしていた思い出の場所。

若い頃のおじいさんは、ここで妻が大好きな音楽を
よく演奏して聞かせてあげていました。

そしてあなたの好きな曲を一生聞かせ続けると約束したのです。

妻に先立たれた後もなお、おじいさんは長い道のりを毎日歩き、
一緒に過ごしたあの頃に思いを馳せながらお墓の前で
妻が大好きだった曲を奏でるのでした。

****************************

悲しいけれど、大切な人との時間は永遠ではありません。

しかし、先立たれてもなおこんな風に愛せる人がいるって
幸せな事なのかもしれません。

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑