「いつも私を待っていてくれたね」

22,490 views

私が高校生の冬でした。

家で飼ってる猫が赤ちゃんを産みました。

しかも電気毛布を敷いた私の布団で・・・

5匹いたのですが、次々と飼い主が決まり、とうとう1匹だけになりました。

その猫を「ユメ」という名前にしました。

毎日一緒で、私が怖がりなのを知ってか知らずか、お風呂に入ればマットの上で、私が風呂から上がるのをジーッと待っていてくれる子でした。

私が外から帰ると、玄関でちょこんと座って待っていてくれるんです。

悲しいことがあると慰めてくれるかのように、ずっと隣にいてくれました。

ユメは私の宝物なんです。

私が20歳を過ぎると、初めて彼氏ができました。

彼氏もユメを可愛がってくれて、すごく嬉しかったのを覚えています。

付き合って2年経ち、同棲するようになりました。

ユメのことが心配で、妹や母に様子を聞いたのですが、
 
 
「毎日、夕方になると玄関で待ってるよ。

 帰ってこないよって教えても、

 ずーっと待ってるよ」
 
 
次の日、家に帰るとユメは待っていてくれました。

玄関でちょこんとお座りしてました。

同棲から1年、結婚し子供が出来ました。

11月30日が予定日でした。
 
 
出産予定日の1ヵ月前、実家に帰りました。

子供を産んだら、ユメと一緒に遊びたいなぁ、なんて考えては一人ニヤけてました。

ところが、予定日10日前頃から、ユメの元気がなくなってきました。

いつも行っている病院に連れていったら、

「この薬を飲んでいれば大丈夫です」

と言われ、飲ませていましたが、

2日経っても3日経っても、元気になるどころか、だんだん衰弱するのが分かりました。

別の病院に連れて行くと、レントゲンを撮りました。

先生がレントゲンを指して、

「なぜか体の中に膿が大量にあります」

と言われ、即入院です。
 
 
私が帰る時、今まで鳴かなかったユメがまるで、

「なんで置いていくの?、

 私も行く」

と言うように、精一杯鳴くのです。
 
 
帰り道、不安で不安で、泣きながら車を運転しました。

その日の夜中、なんと陣痛が来てしまいました。
 
 
母に病院に連れて行ってもらいましたが、なかなか出てきてくれませんでした。

ようやく夕方になって、無事、女の子が生まれました。

入院中もユメが心配で、母にユメの具合を聞いてました。

そしたら26日の朝、夢を見たんです
  
  
元気なユメ、一緒に遊んでるユメ。

後にも先にも、ユメが夢にでてきたのは、これっきりでした。

『あ!きっとユメは大丈夫なんだ!』と思い、その日お見舞いに来た母に、いつもと同じように、ユメの様子を聞きました。

母は心なしか少し返事を濁したように見えました。

「まだどうなるか分からない
 
 けど、ユメも頑張ってるよ!」

と…。

そして、私は退院しました。
 
 
何日か過ぎたある日、母が、

「言わなきゃいけないことがあるんだよ」

と言いました。
 
 
実家に帰ると、ユメが冷たくなっていました。

本当は寝てるんじゃないのかって思うくらい、寝てるようにしか見えません。

でも抱っこしても、固くて冷たいのです。

母に聞くと、26日の朝に、病院から電話が来たそうです。

私がユメの夢を見て目覚めたその朝です。

ユメは昏睡状態に陥り、命の灯が消えそうになっていたのです。
 
 
それから数日後、私の退院の前日にユメは亡くなったのです。

最後の最後、私はユメを知らない場所で、一人ぼっちで、あっちに行かせてしまった…。

後悔しか残りませんでした。

母にも辛い嘘をつかせ続けてしまいました。

今でも涙が止まりません。

あの時、どうすればよかったのか。

どうすれば、ユメは今でも生きていてくれたのか…。

そのことが頭から離れません。
 
 
あれから2年。

娘は2歳になりました。

私に似て猫が大好きです。

『ユメへ
 
 私はユメに会えてすごく

 幸せだったよ。

 ユメは幸せだったかな?

 最近娘が、ねこ居る!って

 言うんだよ。

 偶然かもしれないけど、

 私はユメだったらいいなって

 思うんだよ。

 もし会えるなら、夢でも

 おばけでもいいから会いたいよ。

 最後、一人ぼっちにして

 ごめんね。

 いつも待たせてごめんね。

 向こうでも待たせちゃうね。

 ごめん…。

 私のところに来てくれて、

 本当にありがとう。

 大好きだよ』

*********************************

胸にじーんときました。。。

やっぱりペットは家族ですよね><

出典元:matome.naver.jp 

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑