不妊症と診断されたことを大好きな彼氏に打ち明けた。その時彼氏は・・

164,548 views

私は今20です。

今付き合ってる彼氏とは去年の夏、ナンパされて知り合った。

彼氏の見た目はいわゆるチャラ男で、それなりに遊んでる感じ。

絶対好きになんてならないと思ってた。
 
 
でも、よく笑うとことか優しいとことか一緒にいればいるだけ好きになってしまった。

彼氏も、私に「好き」と言ってくれた。
 
 
でも、付き合うとか彼氏と彼女という関係にはなれなくて、雰囲気に流されてエッチしてしまった。
 
 
それから何ヶ月か、そんな関係が続いた。

こんなの、人に言えなかった。

でも、私は彼氏が大好きだったし、そんな関係はつらくて「このままの関係なら、もう会えない」って伝えた。

彼氏は真剣に話を聞いてくれて、それから私たちは付き合うようになった。

付き合って半年経った1ヶ月前、

「子供は女の子がいいね」とか

「結婚して何年経っても

 一緒にお風呂はいろうね」

とか同じ未来を思い描いてた。

私も彼も子供が好きだし、当たり前のように子供を授かる事ができるってそう思って疑わなかった。
 
 
1ヶ月経っても2ヶ月経っても生理がこなかった。

おかしいなって思ったけど、妊娠の可能性は低い。

彼氏は絶対に避妊してくれるから。

とりあえず、妊娠検査薬をつかった。

でも、陽性反応はなかった。
 
 
次の日、会社を休んで産婦人科へ行った。

不妊症と言われた。

信じられなかった。

なんで私が?

そればかり考えた。
 
 
涙はでなかった。

先生が間違った判断をしてるだけだと思った。

そんなはずはないのに。

やたらに先生にむかついた。

なんでこんな事言うの?って思って腹立たしかった。
 
 
次の検査の予約を無理やりとらさせて、この日の検査は終わった。
 
 
車のエンジンをかけると、彼氏の大好きなケツメイシの曲が流れた。

その瞬間、涙がものすごい勢いであふれだした。
 
 
どうしよう

どうしよう

どうしよう
 
 
泣きながら彼氏に電話をかけた。
 
 
彼氏も仕事中のはずだ。

出る訳がない。
 
 
頭では分かっているのに、何度も何度も電話をかけた。

ひとりぼっちなのが、とにかく不安だった。

昼の1時すぎ。

彼氏から着信があった。
 
 
電話のむこうは、お昼休みなのか騒がしかった。

私は泣いていて、なにも言えなかった。

彼氏は「話せるようになるまで待ってるから」って言って泣いてるだけの私の電話を切らずに、ずっと待っててくれた。

でも、それでも話すことが出来なかった。
 
 
「ごめんなさい…」
 
 
私がこう言ったのが、彼氏にちゃんと伝わったかは分からない。

その日の夜、作業着のまま彼氏がうちにきた。
 

「すぐ来てやれんで

 ごめんな」
 
 
私の頭を撫でながら、彼氏がそう言った。
 
 
「あたし、子供産めんて、

 そうゆう病気なんだって」
 
 
彼氏はポカンとしてた。

こいつ何言うてるん?って顔してた。
 
 
「何言うてるん?」

「分からん」

「分からん訳ないやろが」
 
 
「先生がそう言うた。

 あたしも信じられんもん」
 
 
「…まじかよ」
 
 
彼氏はそう言ったままなにも言わんかった。

別れることは覚悟してた。

子供が産めない私は、彼氏と一緒にいたらいけないと思った。

大好きな人だから、幸せになってもらいたいと思った。

でも、離れるのは嫌だった。

ずっとずっとそばにいてほしかった。
 
 
「ごめんな」
 
 
彼氏を見たら、泣いてた。

彼氏が泣いたとこなんて今まで見たことない。

いつもにこにこしてて、弱音も吐かない彼氏が泣いてた。
 
 
「ひとりで病院なんか

 行かせてごめんな…」
 
 
彼氏は私の手を強く握ってた。
 
 
「大丈夫だよ、あんたが

 おらんくてもあたしは

 大丈夫だから…」
 
 
精一杯の強がりだった。

今すぐ抱きしめて欲しいのに、くだらない意地が邪魔をした。
 
 
「別れよう」
 
 
私の顔は化粧がぼろぼろに落ちて涙と鼻水でぐちゃぐちゃだった。
 
 
「ぶざけんな!

 勝手に決めんなよ!」
 
 
はじめて彼氏が大声で怒鳴った。
 
 
「ずっと一緒だって言うたやろ…」

「でもあたしとずっと一緒に

 おっても人並みに幸せに

 なれんのは、あんただって

 分かってるやろ…」
 
 
悲しそうな顔をしてた。
 
 
「俺、ガキなんかいらん。」
 
 
嘘だ。

ほしいって話何度もしたのに。

女の子がいいねって言ってたのに。
 
 
「明日、渡そうと

 思ってたんだけど」
 
 
彼氏は作業着の中から箱を取り出した。
 
 
箱を開けると、指輪が入ってた。

彼氏は私の左手の薬指に指輪をはめると、ちょっと笑って「結婚しよう」って言った。
 
 
この日は私たちが付き合って半年になる記念日の1日前。
 
 
「ガキいなくたって幸せな

 家庭は築けるんやて」
 
 
彼氏はめちゃくちゃ笑顔だった。
 
 
「お前さ、料理うまくないやんか。

 俺もそんな得意じゃないけん、

 ふたりでやればなんとか

 なるやろ」
 
 
「あと、お前は強がりで

 素直じゃないけん

 俺はお前が何考えてるか

 よう分かる。」
 
 
「それとかさ、

 この前のDVDのさ、

 記憶が消えてくって

 病気あったやん?

 もし、お前がそれになっても

 心配ないで。

 俺がお前の忘れたくない

 事全部覚えとるし」
 
 
この日の何日かまえ、彼氏と頭の中の消しゴムのDVDを見たばっかだったからなんだか笑ってしまった。
 
 
「なんか話ズレとるよ?」

泣きながら笑った私を見て、彼氏は汚い作業着のそでで私の涙を拭いた。
 
 
「やっと笑ったっ」
 
 
にこにこしてる彼氏の顔を見たら安心した。

それから、正式に婚約をしました。
 
 
大好きな彼はいつもそばにいて私を支えてくれています。

辛い事もあるけど、彼がそばにいてくれるから頑張れます。

一緒に泣いて一緒に笑って、すごく幸せだなぁと思います。
 
 
不妊治療、頑張ります。

****************

本当に素敵な彼氏ですね。

こんなに愛し合っている2人なら

きっと可愛い子供を

授かりますよね><

出典元:【涙腺崩壊】本当にあった泣ける実話 

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑