facebookを中心に、ソーシャルメディア・ネット上で
大きな話題を呼んだ「正範語録」

実力の差は努力の差

実績の差は責任感の差

人格の差は苦労の差

 

判断力の差は情報の差

真剣だと知恵が出る

中途半端だと愚痴が出る

いい加減だと言い訳ばかり

 

本気でするから大抵のことはできる

本気でするから何でも面白い

本気でしているから誰かが助けてくれる

わかりやすくて心に響く言葉ですね。

いい言葉であればあるほど、その作者の生き様や、
他の言葉を知りたくなるもの。

多くの人々がFacebookからのシェアで偶然に知って感動し、
出典や作者名を探していますが、今だ不明のままなのです。

どこかの社説で用いられていたものが改変されたという説や、
色んな偉人の言葉を組み合わせたものではないか?

作者としては「渡辺勇治」「湯城豊勝」「後藤静香」
等の名前が挙げられていますが、どれも不確かなよう・・・

そんな謎に満ちたこの「正範語録」、
誰が、いつ、どんな状況で詠んだのか?

そういった背景も気にならないではないけれど、
いい言葉というのは、それ自体に価値があるもの。

作者が重要なのではなく、この言葉によって
自分が何を受け止めたかが重要なのではないでしょうか。

生活に、仕事に、経営に・・・
あらゆる場面で本気で取り組みたい時に思い出したい言葉ですね!

出典元:「正範語録」って誰の言葉?ネットで話題の作者を探せ!【ヒットの理由4】 コンサルの引き出し・・・和田創ブログ