Martin Passeri(マーティン・パセリ)は
アルゼンチンのサーフィン大会で5度の優勝を収めた
サーフ界では英雄的存在。

この日も大会のため海に来ていました。


一方、車椅子で砂浜から海を見つめるのは、
Nicolas Gallegos(ニコラス・ガレゴス)。

ニコラスは18歳の時に事故に遭い、
下半身麻痺になってしまいました。

そんな彼が20年間抱き続けている夢が
「波に乗る」こと。

そんなふたりが偶然出会った
アルゼンティーナサーフチャンピオンシップ大会。

マーティンはニコラスの肩を撫でながらこう言いました。

「一緒に波に乗ろう」

そしてマーティンはヒート中ニコラスを海に連れ出し、
ニコラスを背負ってテイクオフを試みるのでした・・・

歯を食いしばりながらもやっとの思いで立ち上がることに成功!

確かにニコラスは波に乗りました。

ライディング後は他のサーファーも駆け寄り、
抱き合ってマーティンの勇気と行動力をたたえると共に
ニコラスの夢の成就を祝福。

その光景に思わず涙が溢れます。

そしてマーティンはこのライディングによって
ヒートを失格となりますが、以下のように語っています。

「確かなのは私が負けたわけではないということ。

あの波は最高の波であったとともに、
私の人生における最高の勝利であったと信じています。」

トロフィーよりも、ニコラスの夢を叶えることを選んだマーティン。

これが本物の王者の姿・・・

マーティンに憧れる多くのサーファー達にとっても
最も忘れられない一日となったに違いありません。

出典元:waval.net