3年間休まず、体に障がいを持つ友人をおんぶしながら
通学し続けていた少年がいる。

中国、江蘇省北部、徐州市の大許高校に通う謝旭くん(18歳)は、
入学してすぐに張馳くん(19歳)に出会った。

張馳くんは筋ジストロフィーという筋肉が萎縮し、
歩行はおろか、自分の体重を支えることすら
困難になってしまう病気を抱えていた。

身長173cm、体重75kgと必ずしも
体格に優れるわけでもない謝旭くんだが、
友人の病気を知って、きちんと全ての授業に
出席させようと彼をおんぶすることにした。

「この2人の学生の行為には、感銘を受け、
非常に心を揺さぶられました。

家族でもないのに、3年間も背負い続けたのですから」。

と大許高校の教頭は話す。
  

2人は学校に近い学生寮で暮らしているが、謝旭くんは毎日、
張馳くんをおんぶして学校まで登校し、帰りも一緒に下校する。

さらに食事や洗濯といった家事も手伝う。

ときには朝食のために学食まで連れて行くこともある。

謝旭くんの話では、教室を行き来したり、登下校したりと
毎日10数回は張馳くんをおんぶしているそうだ。


 
2人とも勤勉な学生であるため、クラスの成績はトップクラスで、
大学への進学を希望しているという。

謝旭くんのおかげで、張馳くんは病気の時以外は
1度も授業を欠席したことがないそうだ。

謝旭くんの影響で、最初は無視していた他の学生も、
張馳くんを助けるようになった。

1人の心からの善意は素晴らしい影響を与えているという。

中国には、体が不自由なため
学校に通えない児童、生徒が24万3000人いるという。

**************************

家族でも世話は大変だと思うのに、
登下校だけでなく、食事や洗濯まで・・・

謝旭くんの行動も素晴らしいですが、
謝旭くんにとって、張馳くんはきっと毎日おぶってでも
学校生活を共にしたい位素敵な同級生であり、
かけがえのない親友なんでしょうね。

こういう青年達が認められ、活躍できる世の中であって欲しいものです。

出典元:shanghaiist カラパイア