8歳になる犬のサミーは、突然首に退行的変化が起こり、
四肢麻痺となってしまいました。

そこで、脊髄の骨の摘出手術を行いましたが、
手術はうまくいかなかったようで、サミーはまったく
歩けない体になってしまいました。

医師からは「二度と歩くことはできないかもしれない」と
宣告されてしまいます。

しかし、なんとかサミーに以前の元気を取り戻して欲しいと
願う飼い主のジェイニーさん。

最後の望みをかけて、カリフォルニア州サンタモニカにある
「カリフォルニア動物リハビリテーション病院」にサミーを託しました。

そして3ヶ月後、いよいよサミーの退院の日がやってきました。

お迎えにきたジェイニーさんに駆け寄ってきたのは・・・

サミーの麻痺は一生残るだろうと言われていたジェイニーさん。

しかし、サミーは3か月間毎日、厳しいリハビリの訓練に耐え、
こんなにもしっかり歩けるようになったのです。

感動と驚きで泣き崩れるジェイニーさん。




ジェイニーさんにとってサミーはかけがえのない存在でした。

他の犬を迎え入れることも進められましたが、
そんな気にはなれなかったのだそうです。

サミーのリハビリの様子は、以下の動画に収められています。

再び歩くことを諦めなかったサミー。

そしてジェイニーさんもサミーを愛し続け、サミーを諦めませんでした。

病院のスタッフも、なんとかサミーに歩いて欲しいと頑張りました。

みんなの愛情と根気強さに支えられ、再び歩くことができたサミー。

病気になる前は何気なかったお散歩が、
これからはふたりにとって特別な時間になることでしょう。

諦めない事の大切さを教えてくれたサミー。

これからも長生きして、いつまでも元気に走り回って欲しいものです

出典元:California Animal Rehabilitation – Sammi Walks California Animal Rehabilitation – Sammi from Quadriplegic to Running