「私に触れてくれますか?」あるHIV感染者の男性が行った社会実験。偏見は未だに存在するのか!?

25,869 views


街頭に立つ1人の男性。

「私はHIVに感染しています。私に触れてくれますか」

と書かれたボードが足元に置かれています。

両手を広げて目を閉じ、触れてくれる人を待つ男性。

しかし、ボードのメッセージを見た人々は
ただそこを通りすぎていくだけ。

中には好奇の目で見る人も。

残念ながら、やはりHIVに対する偏見は
まだまだ存在するのでしょうか・・・

しばらくすると男性に触れる人が!

にこやかに握手を交わしたり、「頑張って!」と言わんばかりに
肩をポンとたたいてあげる通行人も。

反応はそれだけにとどまらず、しっかりとハグする人達まで!

たくさんの温かい心に触れ、思わず涙してしまう男性。

メッセージを掲げ、両手を広げて堂々としていながらも
HIVに感染してしまった自分を受け入れてくれる人が
本当にいるのだろうか・・・

そんな不安に苛まれていたのでしょうね。

この映像は、フィンランド在住のHIV陽性の男性、ジェンさんが
同国の国営放送“Yle”と協力して行った社会実験。

HIVの感染経路は性感染、母子感染、血液感染と
非常に限られています。

つまり、握手や、日用品の共用といった
日常生活の接触では感染しないのです。

にも関らず、まだまだ誤解が多く、
HIV感染者に対する偏見も未だに多く存在しています。

しかし、理解してくれる人たちも必ずいるということを、
今回の実験結果が示しているのではないでしょうか。

もっとHIVに関する正しい知識が広まり、
HIVとともに生きる人々に明るい未来がやってきますように・・・

出典元:I’m HIV positive, do you dare to touch me? 

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑