結婚する際に夫婦が永遠の愛を誓うことがあります。

その時によく使われるフレーズが「死が2人を分かつまで」。

しかし、その「死」でさえも分かつ事ができなかった深い愛情。

先日、アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴで、
そんな奇跡の最期を遂げた夫婦がいました。

ジャネット・トチコさん(享年96歳)と、
夫であるアレクサンダーさん(享年95歳)夫婦。

2人の出会いは、なんと8歳の時!

一目惚れだったそうです。

そして、13年後の1940年に結婚して以来、
パートナーとして人生を共に歩んできた2人。

5人の子供にも恵まれ、やがて穏やかな老後を迎えました。

夫のアレクサンダーさんはゴルフが大好きで、
毎日のようにプレイしていたそうです。

しかし、1ヶ月前にそのゴルフのプレイ中に大腿骨を骨折し、
寝たきりになってしまいました。

日に日に衰えていくアレクサンダーさんを見て
もう先は長くないかもしれないと感じる子供達。

「死ぬときはお互いの腕の中で死にたい」と、
子供達の前でいつも呟いていたという2人。

そんな夫婦の意向を汲んで、
アレクサンダーさんは病院ではなく自宅で、
ジャネットさんのベッドの横にベッドを並べて
過ごしていたそうです。

75年目の結婚記念日である6月29日。

その12日前に子どもたちとその家族が集まり、
一足早い結婚記念日を祝いました。

子供達は、記念日のお祝いをした後、
2人の時間を楽しめるように部屋を離れました。

そして戻ってきた時・・・

アレクサンダーさんはジャネットさんの腕の中で
幸せそうに亡くなっていたのです。

娘さんは、アレクサンダーさんが旅立ったことを
ジャネットさんに伝えました。

すると、ジャネットさんは彼をぎゅっと抱きしめ、
こう告げました。

「ねえあなた、ずっと望んでいたことが叶ったわね。

あなたは私の腕の中で亡くなったの。

あなたを愛してる。愛してるわ。

すぐに行くから待っていてね。」

その24時間後、ジャネットさんも後を追うように
この世を去りました。

この奇跡的な最期は、ニュースでも取り上げられています。

誰にでもいつかは必ず訪れる死。

最愛の人との時間は永遠ではありません。

しかし、その最期の瞬間を一緒に迎える事ができたら
これほど幸せな事はありませんよね・・・

出典元:abc13.com Couple married 75 years dies in each other’s arms