ほとんどの日本人は知らない!?毎年イタリアでも原爆忌の式典が行われていることをご存知ですか?

36,389 views

ご存知でしたか?

イタリア(ローマ市)では毎年8月6日前後に、広島・長崎原爆忌の式典を古代遺跡「パンテオン(万神殿)前広場」で行っています。


原爆で亡くなった方たちへ追悼の意を込め、戦争反対の集会も開かれているそうです。

2014年の式典の様子


知名度が低いためか、観光客が多い時期にも関わらず日本人の参加はほとんどないそうです。

この事実を知ったツイッターユーザーは・・・


と、感謝のコメントが!

さらに、ローマ市のアレマノ市長は2014年4月、歴史教育の一環として市内の高校生らとともに広島を訪問しました。

そして、折り鶴を広島・平和記念公園の「原爆の子の像」にささげる行事を実施するなど、被爆問題への強い関心を示しています。

それだけにとどまらず、ローマ市は同市の通りの一つに、被爆地である広島・長崎の名称を付けることを決めたそうです。

「両市への連帯を示す」ことと「若者に(被爆の悲惨さの)メッセージを伝える」ためとの事。

原爆は人類に対する罪であるということを伝える為に、さまざまな取り組みを推進しているイタリアの人々。

遠く離れた地で、日本のために祈りを捧げてくれている人々がいるということを忘れてはいけませんね。

出典元:@s_i_s_i_n nikkei.com

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑