絶体絶命の状況での勇気ある行動!増水した排水溝に流された子猫を助ける為に、女性がとった手段とは

11,690 views

画像引用元:lovemeow.com 

アメリカ・ウェストバージニアで、ある大雨の日、住民が排水溝に落ちた3匹の子猫を見つけました。

まだ生後5週間ほどの小さな子猫達。

この危機に、地元のボランティアグループ”猫を助ける会“のメンバーが駆けつけました。

1匹はすぐに救助され、無事でしたが、もう1匹は残念ながら溺れ死んでしまいました。

そして最後の1匹は流され、排水溝の奥の蓋の部分にに引っかかっているようでした。

消防隊員が排水溝にどんどん流れ込む水を必死で組み上げるものの、徐々に上がっていく水位。

みんなが祈る中、消防隊員が懸命に作業を続けていると、ようやくほんの少し水位が下がりました。

息を吸うだけの空間ができたのを確認したその瞬間、なんと、排水溝の中に素早く潜り込んだのはボランティアグループの創設者ドレラさん。

死に物狂いで、排水溝の中の子猫に手を伸ばすドレラさん。

その時、ドレラさんの命を支えていたのは足に巻いた1本のロープだけ・・・

果たして子猫を無事救助する事が出来たのでしょうか!

泥だらけになりながらも無事子猫を救助したドレラさん。

その時の状況は・・・

「せっかくつかんだ子猫を落とすんじゃないかと思ったの。

それだけが怖くて怖くて。

ちゃんとつかんだまま水から上がれるか、とにかくそれが一番不安だった。」

画像引用元:lovemeow.com 

「あの時、息を吸える空間はこのくらいしかなかったのよ。」

ドレラさんが両手で示した幅は、わずか15センチ足らず!

絶体絶命の状況の中、まさに間一髪の救出劇だったのです!
画像引用元:lovemeow.com 

「救出の時、集まってくれたどの人が1人欠けても、これは成し遂げられなかった。

消防隊員が水をくみ上げ続けてくれなかったら、到底中へは入れなかった。

ここのみんながヒーローよ。」

そうは語るものの、自らの危険も顧みず、あの狭く泥だらけの排水溝へ躊躇なく入って行ったドレラさんの勇気と行動、なかなかできる事ではありません。

そして救助作業を終え、子猫を病院に連れて行く途中にかかっていた大きな虹。

それはまるで、あまりにも早く虹の橋を渡ってしまった兄弟猫からのお礼のように見えたと共に、嵐の後の美しさを思い出させてくれました。
画像引用元:lovemeow.com 

助け出された子猫はストーミーと名付けられました。

泥だらけで弱々しく震えていた子猫も、実はこんなに可愛くて美しい女の子だったのです。
画像引用元:lovemeow.com 

画像引用元:lovemeow.com 

現在は、優しい里親さんの元で可愛がられ、たくさん食べて元気いっぱいで過ごしているそうです。
画像引用元:lovemeow.com 

画像引用元:lovemeow.com 

身勝手で捨てたり虐待などでで多くの尊い命が失われている中、小さな動物たちを命懸けで救う人々がいる。

こんな優しい人たちが存在する世の中、まだまだ捨てたものではありませんね。

出典元:lovemeow.com

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑