アーチーは生まれてすぐに母親から見捨てられ、ブルガリアの孤児院で暮らしていました。

家族の温かさを知らないアーチー。

しかも、ダウン症を持っていたため、ずっと偏見にさらされていたのです。

この可愛らしい笑顔の男の子を、誰もが敬遠していました。