ダウン症の男の子を迎えた事を批判され、4歳の娘が自分の意志で語った事とは

45,432 views

アーチーは生まれてすぐに母親から見捨てられ、ブルガリアの孤児院で暮らしていました。

家族の温かさを知らないアーチー。

しかも、ダウン症を持っていたため、ずっと偏見にさらされていたのです。

この可愛らしい笑顔の男の子を、誰もが敬遠していました。

Caught him using white out as lip gloss.

Lisa Eicherさん(@eicherumba)が投稿した写真 –


7年間ひとりぼっちだったアーチー。

しかし、ある日テキサスに住む家族がネット上で彼の写真を見つけ、4歳の娘と共にブルガリアに渡ってアーチーに会いに来ました。

夫のジョーイと妻のリサは、出会った瞬間にこの子は家族の一員だと確信したそうです。

偏見の無い自分の国に移ったら彼のためになると思い、そしてこれからどんなに楽しい事が待っているのかとワクワクしながらテキサスに帰りました。

二人はあまりの嬉しさに早速この事を友達や親戚に話しました。

しかし、喜んで賛同してくれると思っていた周りの人たちから大きな批判を受けます。

この偏見にはがっかりしましたが、周りの批判に対してしっかり立ち向かっていた夫婦。

しかし、娘のエースについて言われることにはとても憤りを感じていました。

「娘のことを軽視している」

「この子の為に彼女は人生を狂わされ、さらには身の危険にさらされる」

などの心無い言葉に傷ついた夫婦。

I'm a diva.

Lisa Eicherさん(@eicherumba)が投稿した写真 –


しかし、そんな人達にエースは自分の意志を説明したのです。

果たして彼女の意見はどのようなものだったのでしょうか…

彼女もアーチーが家族の一員となったことを心から喜び、同時に周りの人々からの批判に心を痛めていたんですね。

わずか4歳の女の子の言葉が心に響きます。

まだまだ偏見の多いダウン症ですが、成長して才能を開花させる人もたくさんいます。

成長するにつれ、色々問題にぶつかる事もあるかもしれませんが、こんな素敵な家族ならきっと乗り越えられるに違いありません。

ずっと家族のぬくもりを知らずに育ったアーチー。

きっとこれから楽しい事がたくさん待っているよ^^

出典元:instagram.com エースとアーチー’

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑