車の鍵や傘の入った袋を盗み、開き直る子連れママに警官が言った一言とは…

27,545 views

画像引用元:Nicolas Alejandro Street Photography

泥未遂?だけど、警察にまでお世話になった話。

恥ずかしい話だけど、私は買い物中 鞄とは別に「ずだ袋」を持っている。

プラスチック製の安いやつだけど、動きやすくするためになんでも放り込む。

落ち着いたらちゃんと鞄に直すようにはしてるんだけど、 会計直後とかに財布を放り込んだり、 両手が塞がってたら車の鍵とか、携帯をぽいと放り込んだりする。

その袋を赤ちゃん連れママに泥されかけた。

昨日は三連休ということもあって、駅も百貨店もものすごい人が多かった。

急にゲリラ豪雨みたいな雨が降ってきたのもあって、 どこに行っても人・人・人…って感じだった。

駅から百貨店の間には通路があるんだけど、そこには屋根がない。

だから、駅の入り口や百貨店の出入り口には 濡れながら走って来た人や、傘を畳んだり、鞄にしまう人でごった返してた。

私も折り畳み傘を畳んで、ずだ袋に入れた。

服も髪もびしょびしょだったから、袋をベンチにおいて体とか髪を拭いてたんだけど
ふっと振り返ると袋が消えている。

あれ?落ちたかな?と思って周りを見ても何もない。

ベンチの下にも、裏にも、落ちている様子はない。

急いで周りを見回してみたら、なんとベビーカーを押した若いお母さんが、 ちょうど私の傘を差しながら店をでていくところ。

袋はベビーカーの後ろのポケット?みたいなところに入れられてた。

私「ちょ、ちょっと。その傘、間違ってませんか。」

母「は?何ですか?」

私「なんですかじゃなくて。その傘と袋、私のです。返してください。」

ちょっといらっときたので、強い口調で言った。

そしたらその母親、いきなり傘と袋を下に叩きつけるように捨てました…

「っぜぇな。」と一言吐き捨てて。

もちろん、豪雨なので床はびしょびしょ。

半分外みたいな場所なので、水溜りにべしゃーっと入りました。

その拍子に車のキーがころころと転がりでてきて このまま盗られてたら…と初めて背筋がすっと寒くなりました。

呆然と見ていると

「子どもが濡れてもいいとか、まじないわ。傘1本でケチくっせぇ。」

と腹立たしそうに言う始末。

ぶちっと頭の中で何かが切れた気がしました。

本気で頭にきて、生まれて初めて「はああああ???」と怒鳴ってしまいました。

・誰がケチだどの口が言う。

・泥棒がよく言うわ。恥を知れ。

・どっちがケチだ。赤ん坊濡らしたくないなら傘を買えタクシーに乗れ。

・数百円ケチって泥棒して、そっちの方がケチだろうが。

・盗人猛々しいとはこのことだ。

みたいなことを次々にまくしたてました。

頭に血が上りすぎてすごい支離滅裂だったと思うんだけど、 あまりの態度に怒鳴らずにはいられませんでした。

周りの人たちもなんだなんだ、となったけど こっちは悪くないので、むしろ泥棒の顔をしっかり見てくれとさえ思いました。

それでも憮然とした表情で聞いてるので、もう話にならんと思って、第三者交えてしっかり責任とってもらうことにしました。

「警察呼びます。」

とたんに青ざめ、慌てだす女。

たかだか傘で、とか。だって、とか言い訳を始めたが、もう遅い。

「こちらは車の鍵を盗られそうになった訳ですから。警察呼びます。
誰か警察!!警察呼んでください!!」

恥ずかしかったけど、叫びました。

絶対許さん!と腹を括って、人の目を気にせずに。

その女は慌てて逃げようとしたけど、手首をがっと掴んで離しませんでした。

50代くらいのおばさま方が近づいてきてくれて 「なに?泥棒?」と聞いてきたので

「はい。未遂ですけど。車の鍵とか貴重品の入った袋を盗られそうになって」

というと、傍で一緒に待っててくれました。

「ごめんなさいごめんなさい」

「許してください警察だけは…」

「子ども、子どもがいるのに」

「ほんとごめんなさい、ごめんなさいぃぃ…」

と泣きはじめたが、知らん。

「子どもがおるなら、余計盗みなんてするな。」

とだけ言うと その場にうずくまって泣き始めました。

とりあえず誰かが呼んでくれたのか警備員さんが来てくれ その後警察と一緒に、裏の事務所?で話し合うことになりました。

開口一番

「車の鍵を盗られそうになりました。あと荷物も。
防犯カメラを見てもらっても構いませんし、目撃者もいると思います」

と 堂々と言ったのが利いたのでしょうか。

警察も店側も、終始こちら側の味方でいてくれました。

「盗ったんやな?」という警察の問いに

「荷物をとる気はなかったんです…傘をちょっとだけ、使わせて欲しくて」

「だって、車の鍵とか、入ってるって知らなかった」

「傘ぐらい、いいかなって思ったんだもん…」

ともごもご、ダッテダッテ。

警察のおじさんが

「傘ぐらい?値段の問題じゃないだろう。
盗むという行為が、そもそも犯罪だ。
君のやったことは立派な置き引きで、犯罪だよ」

と強い口調で言うと、さめざめと泣き出した。

未遂かつ初犯ということで、 恐らく厳重注意?になるらしい。

用事もあったしそこまでで事務所を出てきたんだけど、 なんだかなぁと、どっと疲れたよ。

子どものいる若い親が全員そうだとは思わないけど、 なんかちょっとトラウマになった。

後で話を聞いてみると、傘だけ借りて、 荷物はあとで駅で捨てるつもりだったとか、なんとか。

本当かどうかは知りませんが 自分さえよければ、それでいいんでしょうね。

車の電子キーと駐車券を一緒に入れていたので 下手したら車ごと盗まれていたかも…
(ボタンを押しながら駐車場を歩けば、簡単に車が盗める)

ということで、自分の不注意も反省中です。

本気で泣いていたようなので 本当、これで懲りてくれることを願うばかりです。

**********************************

どうして子供が居るのに平気でこういう犯罪行為ができるのでしょうか。

しかも捕まって逆ギレって、信じられませんw

子供のためにも更生して欲しいものです。

そして、この子供がちゃんと育ちますように…

出典元:blog.livedoor.jp

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑