100人以上が救われた!スマトラ沖地震で「ビーチの天使」と呼ばれた少女の活躍とは…

9,671 views

画像引用元:YouTube 

2004年12月に起きたスマトラ島沖地震。

地震の規模はマグニチュード9.1。

東日本大震災の地震の規模がマグニチュード9.0だったことから、その被害の大きさは計り知れないものだということは容易に想像がつく事でしょう。

そして、どちらの大地震も、津波による被害が甚大なものだったことが共通しています。

画像引用元:YouTube 

タイのプーケットでクリスマス休暇を満喫していたイギリス在住のスミスさん一家。

スミス家には当時10歳のティリーちゃんという娘がいました。

この、一見普通の女の子であるティリーちゃん。

しかし、彼女の素晴らしい知識と行動力によってスミス家が宿泊していたホテルの宿泊客100名以上が津波を逃れ、無事命を繋ぐことができたのです。
画像引用元:YouTube 

ティリーちゃんは休暇の2週間前、学校の地理の授業で『津波の予兆』について勉強していました。

その予兆とは、

潮が海岸線から引いていき、まるでビールのように白い泡がたつ

というもの。
画像引用元:YouTube 

ティリーちゃんは、自分の目の前のビーチで同じ現象が起きている事に気付きました。

そして家族にそのことを告げますが、なかなか信じてもらえません。

それでも必死で訴えるティリーちゃんにようやく心を動かされた両親は、急いでホテルの従業員や宿泊客に危険を知らせました。
画像引用元:YouTube 

その結果、多くの人々が津波によって命を落とすことなく避難することができたのです。

もしも、ケイニー先生の授業を受けていなかったら、私も、私の家族も死んでしまっていたかもしれない。

津波の知識を教えてくれたケイニー先生のこと、本っ当に誇りに思うわ!!

このスマトラ島沖地震による津波での死者はおよそ25万人といわれています。

そしてスミス一家が滞在していたタイでは1万人が亡くなっています。
画像引用元:YouTube 

それほどの規模の津波被害があったにも関わらず、スミス家が滞在していたホテルでは負傷者は出たものの、死者はいなかったそうです。

ティリーちゃんは、その素晴らしい働きを称えられ『ビーチの天使』という愛称で親しまれています。

▼当時のニュースはこちら

どんな知識がどこで役に立つかわからないものです。

学校の授業だけでなく、あらゆる場面での経験や体験に無駄なものなど何一つないのかもしれませんね。

出典元:Angel Of The Beach

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑