2015年9月下旬、「王様と私」に出演していたブロードウェイ俳優のKelvin Moon Lohさんが、公演中に目の当たりにした出来事について自身のFacebookに投稿しました。

その投稿は、こんな言葉で始まります。

“I am angry and sad.”
(私はとても怒っている、そして悲しい…)

一体何があったのでしょうか…
画像引用元:sheknows.com

9月23日の「王様と私」の公演に自閉症の男の子を連れた母親が来ていたそうです。

そして劇中の鞭打ちのシーンで突然響き渡る子供の叫び声!

自閉症の男の子が、衝撃的なシーンを観てパニックを起こしてしまったのです。

周りの観客たちは

「なんでそんな子供を劇場に連れてくるの?」

「その子供を追い出せ!」

と親子を責め立てていたそうです。

叫ぶ息子さんを必死で連れ出そうとするお母さん。

その様子を舞台の上から見ていたKelvinさんは、公演中にも関わらずショーを止めて叫びだしたい気持ちになったそうです。

「みんな落ち着いて!お母さんは頑張っているじゃないか」

「彼女が頑張っているのが見えないのか!?」

そう思いながら公演を続けていました。

そして公演が終わる頃、その親子が座っていた席は空席になっていたのです。

やり切れない気持ちを抱きながら公演を終えたKelvinさんは、思いの丈をFacebookに綴りました。

『もしかしたら反感を買うかもしれないけれど…』と前置きをした上で、以下のように、自身の舞台に対する心のあり方を語っています。