大やけどを負った女性が38年間、心の支えにしていた写真の看護師との奇跡の再会!

16,147 views

ニューヨーク在住のアマンダ・スカーピナーティさん。

一見美しく、明るくて友人も多い彼女。

しかし、ひとつだけ誰も知らない秘密を長年抱えていたのです。
画像引用元:facebook.com

それは38年前の事。

1977年、生後3ヶ月のアマンダは風邪を引いていました。

ソファーに寝かされていたアマンダ。

その横には熱湯の入った加湿器が置かれていました。

そして両親がほんの一瞬目を離してしまった瞬間、何かの弾みで動いてしまった小さなアマンダは、ソファーの上からその熱湯の中に落ちてしまったのです。

アマンダはすぐ病院へ連れて行かれました。

しかし、全身をひどく火傷しており、すぐに手術となりました。
画像引用元:facebook.com

そしてアマンダはその病院で看護師のスーザン・バーガーと出会います。

彼女はアマンダを献身的に看護してくれました。

火傷が痛み泣くアマンダを抱っこしてあやすスーザンの姿が写真に残っています。
画像引用元:facebook.com

この写真は写真家のカール・ハワードにより、撮影されました。

手術後、分厚い包帯が巻かれた小さなアマンダを抱いているのがスーザン。

▼そしてこの写真は、アマンダの一番の宝物となりました!
画像引用元:facebook.com

アマンダはその後、無事成長していきますが火傷の跡が原因で子どもの頃はずっと苛められていました。

毎日泣かされて帰ってくるアマンダは、その度にこの写真を見つめていたそうです。

「写真を見つめて、写真の中の彼女に話しかけていた。

誰なのかは知らなかったんだけどね。

一生懸命世話をしてくれた人を見ていると、気持ちを落ち着けることができたの。」

画像引用元:twitter.com

手術のおかげで、18歳になる頃には火傷の傷はほとんど見えなくなっていました。

しかしアマンダは、写真の中の看護師に会いたいと思いはじめました。

そしてスーザンの行方を探し始めます。

しかし手がかりもなくあれから20年が過ぎ、結局アマンダはその看護師に会う事はできませんでした。

そして最近になってアマンダはあることを思いつきます。

「ソーシャルメディアを使ってみよう」

さっそくFacebook上に写真を投稿すると、200人以上のいいね!が付き、1700件近くシェアされました。
画像引用元:facebook.com


「これは赤ん坊の頃の私の写真です。火傷を負って入院していた時に、NYのアルバニーメディカルセンターで撮られたものです。私は20年もの間、この看護師の方を探しています。しかし会うことはできていません。そこでソーシャルメディアの力を借りれば、誰かが彼女に気がつくかもしれない、と考えました。これは1977年の写真です。私の願いはこの人の名前を知ること、そしてもしできれば会ってお話をすることです。是非シェアしてください、どこで誰の目に触れるか分からないから。」

そして願いはついに叶いました!

スーザンの元同僚だった人が写真の中の彼女に気がついたのです。

▼そして2人が初めて出会った病院で、38年ぶりの再会となりました。

感極まって涙を流しながら「本物だわ。」と繰り返すアマンダ。

そしてスーザンも小さなアマンダのことを憶えていたのです。

「とても強い赤ん坊だった。

長い間抱いてあげたことを憶えているわ。

とても落ち着いてて、すぐに心を許してくれた。

手術を受けたばかりの赤ちゃんでは珍しいことだった。」

画像引用元:facebook.com

スーザンはアマンダが探してくれていたことに感激。

感極まり、目に涙を浮かべていました。

スーザンも当時の同じ写真をずっと持っていました。

そして彼女もまた、この写真を心の支えにしていたのでした。

「自分のやっていることには意義があるという事、いつも全力で立ち向かわなければならないという事を、この写真はいつも思い出させてくれた。」

画像引用元:facebook.com

記者はアマンダに、「これからもずっと交流を続けますか?」と訪ねました。

その答えは…

「これまでもずっと長い付き合いだったわ。

彼女がそのことを知らなかっただけよ!」

******************************

お互い、同じ写真をずっと心の支えにしていたなんて、何だか運命を感じます。

それにしても不可能だと思われていた再会が、SNSのおかげで38年もの時を超えて実現したとは…

最近、良くも悪くも話題になっているSNSですが、犯罪などではなくこういうことに生かされて欲しいですね。

出典元:Amanda Scarpinati Woman Burned As a Baby Reunites With Nurse Who Cared For Her

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑