画像引用元:yahoo.co.jp

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが大学時代に身分を隠し、東日本大震災の被災地でボランティア活動をされていたと話題になっています。

ボランティアに向かわれたのは2011年7月。

そしてこの年の10月の記者会見で、眞子さまは被災地について、このように語られています。

画像引用元:yahoo.co.jp

「メディアの報道を通して、震災の状況について理解したように思っておりましたけれども、実際に行ってみないとわからないことがあると実感いたしました」

当時19歳で未成年だった眞子さま。

しかし、今の自分にしかできないこと、今の自分にできることをしたいと強く思われ、決断したのが皇族としての身分は明かさずに、1人の大学生として被災地に入り、ボランティアをするということでした。

高校時代のニックネーム「まこしー」という名前で、あくまでも一個人としてボランティアに参加。

大人も子供も、全く眞子さまであることに気づかなかったそうです。
画像引用元:yahoo.co.jp

画像引用元:yahoo.co.jp

子供たちも「お姉ちゃん」と呼んで駆け寄ってくるような状況だったとの事。

この事実にネット上では驚きと賞賛の声が…