ザッカリー・タッカー少年は、幼い頃から不可解な行動ばかりで両親を悩ませていました。

ある日、彼はある診断を受け、自閉症の一種である、アスペルガー症候群に苦しめられていた事が判明しました。

そしてその症状は年々悪化していったのです。
画像引用元:youtube.com

周りとのコミュニケーションが上手く取れないだけではなく、パニック状態になりやすかったザック。

夜は眠れず、突然泣き出してしまうことも日常茶飯事。

パニック症状は誰かに触られると余計にひどくなるため、彼を落ち着かせるのは簡単なことではなかったのです。
画像引用元:youtube.com

父アーサーと母スージーは、必死でした。

ザックの苦しみを和らげるために、できることは何でも試してきました。

そしてザックが9歳になった時、夫婦はネットで「クリス・ヴォート」の名前を見つけます。

クリスは、自閉症の子の相棒となる犬「コンパニオンドック」を育てている有名なドック・トレーナーでした。

彼の腕前は業界一だとの情報に興味を持った夫婦。

しかし、1つだけ大きな心配があったのです。
画像引用元:youtube.com

なんと、クリス・ヴォートは殺人罪で服役中の囚人でした。

殺害に加わったとして、1998年に48年の禁固刑に処されていたのです。

彼は刑期を過ごしながら、シェルターに保護された犬達のリハビリテーションを行うプログラムに参加している、とのことでした。
画像引用元:youtube.com

クリスはこのプラグラムに一生懸命取り組んでおり、自閉症について学んで得た知識をもとに、自閉症の子ども達にあった犬のトレーニングを考案したのです。
画像引用元:vimeo.com

自閉症の子ども達向けのコンパニオン・ドッグの育成というのは、まだあまり存在していません。

刑務所内のトレーニングセンターでも、耳や目の不自由な人のためのコンパニオンドッグのトレーニングが主に行われていました。

クリスはそこで、自閉症の人向けのコンパニオンドッグのトレーニングを開始したのです。
画像引用元:vimeo.com

刑務所に出向いて殺人犯に会うなんて…

ザックは乗り気ではありませんでしたが、すぐに気が変わりました。

初日のセッションで、ザックはこのチョコレート色の犬が、自分にとって良き相棒であることをすぐに感じとったのです。
画像引用元:vimeo.com

この犬の名前はクライド。

クリスがクライドに教えたのは、パニック症状を感知する方法でした。




ザックの心拍数が上がるのを感じたら、クライドは側に寄ってきて彼の気をそらす仕草をします。

これによってパニックを防ぐ、という仕組みです

ザックはその後、数回に渡って刑務所にいるクリスを訪ね、クライドとのトレーニングを行いました。

その結果…
画像引用元:vimeo.com

画像引用元:vimeo.com

「僕のパニック症状は70%くらい減ったと思う。

近頃はリラックスしてることが多くて、学校で友達もできた。

今までは、友達なんて全くできなかったのにね。」

ザックの症状はすぐさま驚くべき改善を見せたのです!

一家は感謝を伝えるために再び刑務所を訪れました。

その時ザックがしたことが皆を驚かせました。

ザックは、コンパニオンドッグを訓練してくれたクリスにありがとうのハグをしたのです!
画像引用元:vimeo.com

これには両親もビックリ。

ザックが人をハグする姿を最後に見たのは、もう何年も前のことだったからです。
画像引用元:vimeo.com

これにはクリスも感極まり、思わず涙を流しました。

クライドのおかげでザックの症状が改善したことに、彼も心を動かされたのです。

クリスがある男性と言い争いになり、取り返しのつかないことをしてしまったのは21年前のこと。

クリスは服役中、事件のことをあまり口にすることはありませんでした。

しかし、この時、涙ながらにあの時の事をこう語りました。

「あの時の自分は、正しいことをするのが怖かった。臆病者だったんだ。」

犬を訓練するプログラムは彼にとって、罪を償う方法の一つだったのでしょう。
画像引用元:vimeo.com

クライドと出会えたことでザックの人生は変わりました。

ザックがパニックになりそうになると寄ってきて、うまい具合に注意をそらすクライド。

そんなクライドを見ると、ザックも落ち着きを取り戻すことができるのでした。

夜もぐっすり眠れ、友達もできました。

以前は別は学校への編入も考えていたザックですが、今では成績トップの特別クラスに通っています。
画像引用元:vimeo.com

画像引用元:vimeo.com

シェルターに保護されている犬達が救われ、同時に自閉症で苦しむ人々の希望となる。

このようなシステムが、日本でも実現する日がやってくるといいですね。

出典元:Gift From Behind Bars Is Changing Autistic Boy’s Life 2014 Rockies Opening Day