ブックと呼ばれる、穴の空いたカードを使って曲を演奏する手回しオルガンでマイケルジャクソンの名曲「smooth criminal」を演奏。

大道芸のイメージが強い手回しオルガンですが、はたしてどんな風に仕上がっているのでしょうか…

限られた音域でこれだけ再現できるって凄い!

手回しオルガンでこんなに複雑な音色が出せるなんて…

予想以上にクールな仕上がりにもビックリです!!

出典元:Smooth Criminal M.Jackson a l’orgue de barbarie