「連れてくるな!」ダウン症の子を差別した客に対する店員の勇気ある行動とは…

29,232 views

米テキサス州の都市ヒューストンの、とあるレストランで起こった出来事。

キム・カスティーヨさんは息子さんを連れてレストランに出かけました。

5歳になる息子さん、マイロくんはダウン症を抱えています。
画像引用元:YouTube 

いつもマイロくんに会うとニコニコしてくれるウエイターたち。

このレストランはカスティーヨさんとマイロくんにとってお気に入りのレストランでした。

お店に入った2人がいつものように席につくと、隣の席に元々いた家族が他の席に移動しました。
画像引用元:YouTube 

はじめはそのことを特に気に留めていなかったお母さん。

しかし、しばらくして店の雰囲気が変わったことに気付きます。

普段から仲良く接してくれていたウェイターのマイケル・ガルシアさんが、席を移ったお客さんたちと揉めていたのです。

マイケルさんは、その家族のテーブルで心ない言葉を耳にしたのでした。

「障がいを持つ子どもなんか連れてくるな。
障がい者はどこか特別な場所にいるべきなんだ。」

そして、続く話に耐えられなくなったマイケルさんは、そのお客さんたちへ丁重に声をかけました。

「すみませんが、本日はお客様にサービスをすることはできません。」

そう言うと、その家族に店を出るように促したのです。

「じゃあ帰る!」と、レストランを去って行くその家族たち。

マイケルさんがマイロくんのために立ち上がってくれたということを後で知ったカスティーヨさん。

マイケルさんに何度も感謝の言葉を伝えました。

誰かが自分の立場を危うくしてまでそうしてくれるなんて思いもしなかったそうです。
画像引用元:YouTube 

しかし、お客さんへのサービスを拒否するという行動を自己判断で取ってしまったマイケルさんが、仕事に何か影響が出るのではないかと心配だったそうです。

ところがその不安をよそに、レストランのオーナーは…

「お客様はいつも正しいわけではありません」

と、彼の行動を快く受け入れてくれたのです。

マイケルさんはこう言います。

「障害を持つ子どもが普通のレストランに来られないということは、肌の色が違うから普通のレストランには来られないと言うのと同じことだ。」

画像引用元:YouTube 

簡単には解決できない差別の問題ですが、マイケルさんのような優しくて強い心を持ちたいものです。

そんな気遣いが集まる事で、すべての人に優しい世の中になっていって欲しいですね。

出典元:Waiter stands up for child with special needs

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑