命短いこの女性の腕に駆け込んだものに看護婦たちは・・・。そして涙が溢れだす。

22,652 views

ブラジルのポルトアレグレに住む49歳のレハネ・チリさんは、数ヶ月前にガンであることを告知されました。

さらに悲しいことにガンは身体中に広まり、末期の状態でした。

もちろん病院から離れることはできず、入院してから既に何週間も経っていました。

この間家族や友達がお見舞いに訪れたのですが、レハネにとっての心の友がまだ来ていないことに彼女は悩んでいました。

画像引用元:cdn.naoacredito.com

レハネの心の友とは、飼い犬のリッチーでした。

子犬の頃から飼っており、彼女にとって家族のような存在だったのです。

そのためリッチーから離れ離れになっているレハネにとって精神的に辛い状態が続いていました。

リッチーに会えないまま死んでしまうことに不安を感じたレハネは何度も病院にお願いしますが、病院内の警察が安全面の不安から許可してくれませんでした。

本人の体も非常に弱った状態なので、感染などのリスクを考えるともちろん大変です。

しかしもう余命が短いことなどを考慮し、エアネスト・ドーネレス病院のスタッフは特別に許可することになりました。

当日、レハネの息子がタクシーで犬と共に病院に到着しました。

この最期の再会は特別な部屋でセットアップされました。

レハネを見たリッチーは、我慢ができず大喜びでベッドに駆け寄ります。
 
画像引用元:cdn.naoacredito.com

そして・・・・
 
▼こちらがその時の様子です

 
看護婦さんたちもこの光景に強く心を打たれていますね。

悲しいですが、命の大切さをひしひしと伝えてくれます。

この感動的な最期の願いのビデオをみんなにシェアしましょう。

出典元:warota-book.net
————–

彼女のせつない思いが

ひしひしと伝わってきます。

涙が止まりません><

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑