勇気をありがとう!障害を克服し「怪物」と呼ばれながらも笑顔で生きる少年の姿

30,727 views

東地中海に浮かぶキプロス島で誕生した、ある一人の男の子。

名前はザック・ヤコブ・コーツ。

ザック君が生まれた時、母親ジョアンさんは一瞬かたまってしまいました。

まさかこんな事になるなんて…

予定日よりも14週間も早く生まれてしまったザック君。

自力で呼吸できなかったため、インキュベータに入れられ、人工呼吸器に繋がれました。

それだけではなく、ザック君の顔はひどく変形していたのです。
画像引用元:jolythgoe.blog.com

体重わずか900グラムの小さなザック君は、重度の口唇口蓋裂でした。

ザック君の顔の右側には頬骨、鼻の穴、唇、下の瞼がなく、このキプロスの病院では、対応できる医師さえいませんでした。

助かった場合でも、奇形のせいでまともな生活はできないだろうと告げられました。
画像引用元:jolythgoe.blog.com

そして2週間後、ザック君の容態が安定したため、ジョアンさんは英国マンチェスターへザック君を連れて帰りました。

地元の病院で改めて検査を受けたところ、脳内の出血や心臓の疾患など、ザック君には他にも多くの問題が見つかります。

それから4か月は戦いでした。

しかしザック君は強く、小さな体でこれらの治療に耐え抜いたのです。
画像引用元:jolythgoe.blog.com

ザック君の口唇口蓋裂は、マンチェスターの医師も見たことないほど重度のものでした。

その上、キプロスでの処置が悪かったため、ザック君は右目の視力を失ってしまったのです。

しかし9年間、何度も行われた手術によってザック君の顔を整形することに成功。

今では1人で食べることもでき、喋れて、笑うことだってできます。
画像引用元:jolythgoe.blog.com

そんなザック君の一番の武器は「笑顔」

「小さい女の子がザックのことを『バケモノ』て呼んだら、彼はふざけてバケモノになったふりをして、その女の子の後を追いかけていったわ!

人はよく彼のことをジロジロ見つめるけど、ザックは気にならないみたい。

自分からその人たちに近寄って『僕、口唇裂で右目はまったく見えてないんだ。

ところで、どうしてそんなにこっちを見るの?』って聞きに行くの。」

そんなザック君ですが、時には説明するのに疲れてしまうようです…
画像引用元:jolythgoe.blog.com

ザック君は明るく元気な9歳の男の子に成長しました。

学校ではクラスの人気者だそうです。

彼の笑顔は、世界中の口唇裂の人に勇気を与えました。

あなたもこの少年に、きっと元気を貰えたことでしょう。
画像引用元:jolythgoe.blog.com

相手が嫌な感情で見つめていても、それをしっかり受け止めて愛の心で包み込む。

私達大人も、彼から学ぶべきことはたくさんあるのではないでしょうか。

ありがとうザック君、これからも君をずっと応援しています!

出典元:jolythgoe.blog.com dailymail.co.uk

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑