絶滅危惧種であるウミガメが生きたまま売られていた…購入した男性が向かった先は?

12,670 views

パプアニューギニアのとある店で、2匹のウミガメが生きたまま食用として販売されていました。

絶滅危惧種であるはずのウミガメが食用として売られているなんて…?

ちょうどその前を通りがかった男性が、2匹を40ドル(約5千円)で購入。

そして、一緒にいた同僚たちと、ウミガメたちを車に乗せてどこかへ向かいます。

彼らが着いたのは、近くの海。

彼らはウミガメを、海に帰すために購入したのでした。

ウミガメは全種、国際自然保護連合(IUCN)が指定した「絶滅危惧種」です。

多くの国では捕獲することは禁じられていますが、幾つかの国では漁をすることが認められています。

パプアニューギニアも、その国の一つ。

一部の国で行われる法律的に認められた漁によって、日々ウミガメの数は減っていくばかりです。

売られているウミガメを見つけたとき、助けようと率先して動いたのは、アーロンさんという人物でした。

彼がFacebookに投稿した、海へ帰るウミガメたちの姿に多くの人から賞賛の声が集まっています。

法的に問題がないからといって、むやみに大量のウミガメを捕獲する人々がいます。

食用や精力剤として、ウミガメを高い値段で売るために。

そのせいで命を失うウミガメの数は、年間4万匹以上。

絶滅危惧種であるはずのウミガメが、国によっては合法で捕獲できるとは驚きです。

しかし、だからといってこのまま捕獲を続けていれば、いつかウミガメの姿は本でしか見ることができなくなるかもしれません。

アーロンさんたちの行動は、絶滅の危機に置かれている動物たちについて振り返ってみなければと思わされます。

出典元:Turtlepower .

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑