冬になると寒さを凌ぐ為に車のエンジンルームに入り込んでしまう猫たち。

そのままドライバーが知らずにエンジンをかけてしまうと…

そんな惨事を防ぐ為、2013年のJAFの呼び掛けがきっかけに認知が広まった、「ボンネットをコンコン運動

車に乗る前にボンネットをコンコンすることでエンジンルームに入り込んでしまった猫たちが驚き、外に出るため事故を未然に防ぐことができるというもの。
画像引用元:YouTube

しかし、ここで登場するのはエンジンの裏側に入りこんでしまい、出てこれなくなってしまった子猫。

警戒しているのか猫オモチャやキャットフードなどで誘惑してもすぐにすぐに頭を引っ込めてしまい悪戦苦闘。

車の持ち主は早くこの車を動かさなければならない事情があり、しびれを切らして行政に捕獲を依頼すると言い出します。

そうなればほぼ殺処分確定…

時間が迫る。子猫を無傷で助けたい。

そんな時、なぜか動員された近所のおじいちゃん猫。




おじいちゃん猫がハスキーボイスで呼びかけると…

あれだけ警戒していた子猫が前に出てこようとしています。

そして…

焦ってひとたび捕まえ損ねればきっと、警戒して二度と出てきてくれなくなる。

そんな失敗の許されない状況の中、慎重に、完全につかめる所まで出てきた瞬間をキャッチ!

お見事です!!

この後里親も見つかり、とてもきれいな毛並みの三毛柄のおてんばさんになって、幸せに暮らしているそうです。

捕獲した人が心ある人で本当に良かった…

ありがとう。

出典元:エンジンルームに子猫が!保護の瞬間〈前半〉 エンジンルームに子猫が!保護の瞬間〈後半〉