「車いすや松葉杖は、もういらない」少女の人生を劇的に変えた出会いとは…

3,760 views

画像引用元:YouTube 

アメリカ・マサチューセッツ州在住のベラ・バートンちゃんは、生まれつき、骨の形成が阻害されるモルキオ症候群(骨が変形してしまう病気)を患っているため、うまく歩くことができません。
画像引用元:YouTube 

画像引用元:YouTube 

これまでに何度も大きな手術を受けてきましたが、どうしても上手く歩けるようになれませんでした。

そんなべラちゃんが出会ったのがグレート・デーンのジョージ。

ジョージがべラちゃんの足となり、べラちゃんの歩行をサポートするようになってから、彼女の人生は劇的に変わりました。
画像引用元:YouTube 

「この子が一番安心できるの」「杖の代わりに、この子に寄りかかっているの」と話すべラちゃん。

ジョージと出会って以来、それまで使っていた車いすや松葉杖は全部処分したそうです。
画像引用元:YouTube 

これまで、さまざまな治療を受けてきたというべラちゃん。

一番うまく歩けるようになったのはジョージと出会ってから。

おかげで活動の幅も広がり、ショッピングモールで買い物したり、公園で遊んだりと以前では考えられなかったようなこともできるようになりました。

べラちゃんとジョージは、いつも一緒。
画像引用元:YouTube 

画像引用元:YouTube 

べラちゃんの母親はこう語っています。

「こんなに愛情深い犬に恵まれて本当に幸せだわ。
体重59kgのジョージが、19kgのベラにべったりしているの。
ベラの言うことを何でも聞いてくれる。
おかげで、べラは随分と強く活発になったわ。」

画像引用元:YouTube 

モルキオ症候群の進行は骨髄移植などで抑制することは可能。

しかし、今のところ根本的に治すための有効な治療法は見つかっていないのだそうです。

ベラちゃんにとって大きな支えとなっているジョージの愛情。

もはやべラちゃんの人生にとって、ジョージはかけがえのない存在なのです。
画像引用元:YouTube 

介護犬としての役割だけでなく、深い絆や愛情をもたらしてくれたジョージ。

ジョージのような存在が、同じ病に苦しむ人々の希望の光となりますように…

出典元:The Special Bond Between a Young Girl With Rare Genetic Disorder and Her Service Dog

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑