『魔女の子』として捨てられた2歳の男の子。いまだ根深く残るナイジェリアの闇

43,356 views

裸で佇むやせ細った男の子。
画像引用元:dr.dk 

この男の子は、まだ2歳にも満たないうちに両親から「魔女の子」だとされ、捨てられてしまったのです。

その後8ヶ月の間、残飯をあさりながらどうにか生き延びていたとのこと。

しかし、その体は栄養失調でやせ細り、虫がわいていました。

アフリカの子どもを支援する団体の創設者であるアニャ・リングレン・ロベーンさんは、この男の子を救出。

病院に搬送する前に水とビスケットを与えるアニャさん
画像引用元:dr.dk 

この男の子は「ホープ(希望)」君と名づけられ、現在も治療を続けています。
画像引用元:dr.dk 

アフリカ屈指の経済大国ナイジェリア。

しかし、宗教が「産業」と皮肉られるこの国では「魔女狩り」という風習がいまだ根深く残っているのです。

何か不幸があったとき、その不幸を「魔女や黒魔術師がいるせいだ」とし、ターゲットとなった何の罪もない人たちが「魔女」とされ、虐待を受け、命まで奪われている現実があるのです。

中には嘘とわかった上で、金儲けのために魔女を「退治」する牧師も存在するとか。

ホープ君もその被害者の一人なのです。
画像引用元:dr.dk 

画像引用元:dr.dk 

アニャさんは、そんな家族や地域社会によって追放された子供たちを救うために活動を続けています。
画像引用元:dr.dk 

救助されたホープ君は治療を受け、少しずつ回復しているとのこと。

がりがりに痩せていた身体も、標準体型に近づいているようです。

ようやく笑顔も戻ってきたみたいですね、助かって本当に良かった…

ホープ君の写真が認知されることで、ナイジェリアの現状を知った世界中の人から、合計で約100万ドル(1億円)の寄付金が寄せられました。

ホープ君は退院後、孤児院に引き取られることになっているそうです。

***********************

迷信と貧困により生み出された「魔女」伝説。

その犠牲となり、2歳にして、残飯をあさって生きることを余儀なくされたホープ君。

これからはたくさんの仲間達と共に幸せな人生を送る事ができればいいですね。

しかし、救いの手を差し伸べられることなく命を落とす人がまだまだいるのかと思うと心が痛みます。

そんなナイジェリアの現状が改善される日が1日でも早くやってくる事を願います。

出典元:VIDEO Danske Anja redder hekseborn: Nu har jeg rabt verden op Anja Ringgren Loven Woman Rescues Toddler Accused Of Withcraft And Abandoned By His Family – Anja Ringgren Loven

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑