裸で佇むやせ細った男の子。
画像引用元:dr.dk 

この男の子は、まだ2歳にも満たないうちに両親から「魔女の子」だとされ、捨てられてしまったのです。

その後8ヶ月の間、残飯をあさりながらどうにか生き延びていたとのこと。

しかし、その体は栄養失調でやせ細り、虫がわいていました。

アフリカの子どもを支援する団体の創設者であるアニャ・リングレン・ロベーンさんは、この男の子を救出。

病院に搬送する前に水とビスケットを与えるアニャさん
画像引用元:dr.dk 

この男の子は「ホープ(希望)」君と名づけられ、現在も治療を続けています。
画像引用元:dr.dk