華やかな舞台の裏では…トップモデルまで上り詰めた女性がファッション界に苦言

5,796 views

18歳のフランスの高校生ヴィクトワール・マソン・ドーセールはバカロレアの修了資格習得のために勉強を続ける毎日でした。

ある日の午後、息抜きのためにショッピングに出かける事に。

しかし、この日が彼女の悪夢の始まりだったとは…
画像引用元:facebook.com 

ヴィクトワールは街でモデルスカウトに声をかけられました。

彼女は歴代のフランスの政治家を排出している名門、パリ政治学院への入学を考えていましたが、女性なら誰もが憧れる華やかなモデルの世界に目を奪われ、進路を変更してしまったのです。

ヴィクトワールは進学をやめ、すぐに大手のエリートというモデルエージェンシーで働き始めました。
画像引用元:facebook.com 

しかし、そこでヴィクトワールに試練が訪れます。

誰も『減量しないといけない』とあからさまに口にはしませんでしたが、『9月にファッションウイークをやるからサイズ32-34に入るようにして』という指示が!
画像引用元:facebook.com 

そこで真面目な彼女は毎日の食事をりんご3個のみにし、スパークリングウォーターでお腹を膨らませて空腹感をしのぎました。

1週間に一回は鶏肉か魚を食べていました。

その結果…
画像引用元:facebook.com 

2ヶ月で約10キロの減量に成功!

身長178cmの彼女は、47kgまで減量、そのおかげでパリ、ミラノ、ニューヨークでオートクチュールのショーのチャンスを掴みました。

トップブランドであるアレキサンダーマックイーンやMiu Miuなど、他のモデルも羨ましがるようなショーの仕事も得ることができました。

気がつけば、トップモデルの一人となっていたのです。
画像引用元:facebook.com 

しかしその陰では辛い現実がありました。

ヴィクトワールは拒食症に陥ってしまったのです。

脈が弱く、髪の毛が抜け落ちて、骨粗しょう症になり、生理も止まりました。

ショーの合間によく気を失っていたそうです。
画像引用元:instagram.com 

そして驚くことに、雑誌などの撮影では通常のレタッチとは逆のことが行われていたそうです。

フォトショップで太ももや頬をふくよかにレタッチされていたとの事。

モデル業界ではこのような不都合を隠す事は日常茶飯事。

他のモデルたちも自分の仕事を続けるために、ヴィクトワールのような発言は嘘であると主張。

さらに彼女たちは批判されないように人前で軽い食事をし、カメラのないところで吐いているのです。
画像引用元:instagram.com 

彼女はこの世界でたった一人で孤立していました。

モデルは一人で世界中を駆け回ります。

そのため、そんな彼女たちをしっかりと支えるシステムが確立していないのが現状なのです。

その結果、彼女はついに鬱に陥ってしまいました。

そしてモデルとして8カ月働いた後、自殺を図ったのです。

「誰も理解できませんでした。
みんなが『夢のような生活を手にいれた』と言っていたけれど、私は人生で一番惨めでした。」

何とか一命は取りとめたものの、今度は過食症になってしまいました。
画像引用元:facebook.com 

ヴィクトワールはその後モデルの仕事を辞めました。

現在23歳である彼女は、「痩せ過ぎは無い、トップモデルの日記」という本を出版しました。

この中で彼女はカール・ラガーフェルドの「シャネルのスーツは胸のある女性には合わない」という発言を強く批判しています。

女性は胸があるのが普通なのに、なぜそれに合う服を作らないのか…

画像引用元:facebook.com 

このような彼女のファッション業界に対する働きかけは、フランスの痩せ過ぎたモデルの雇用を禁止する法律の可決に少なからず影響を与えました。
画像引用元:facebook.com 

今の彼女の夢は演劇で活躍すること。

サイズ38のジーンズを履いて…

**********************

全てのモデル業界がこうではないと思いますが、華やかな舞台の裏ではこんな苦悩があったなんて…

トップモデルによくあるあの鋭い眼力は、飢餓という崖っぷちで作られていたのでしょうか(汗)

下手をすれば死にも至る危険と隣り合わせの毎日、もはやこれはプロ根性とは言えない域ですね。

これからのファッション業界は、ぜひ人間らしい潤いと健康的な美を追求して欲しいものです。

出典元:Victoire, ex-mannequin tombee dans l’anorexie, temoigne contre le “diktat de la maigreur” 

  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑