画像引用元:YouTube 

性同一性障害で幼い頃からずっと悩んでいたジェイミー・レインズ。

18歳の時にホルモン治療を開始しました。

ジェイミーは元々女の子として生まれましたが、心はずっと男の子だったのです。

治療により、声、そして体つきが少しずつ男性に近づいていく自分の姿を、ジェイミーは毎日 カメラに記録しました。

治療の1年目、体の変化は人に気がつかれない程度のものでした。

「最初は1年間続けるつもりで始めた。
でも1 年経ってもヒゲが生えてなかったからもっと続けてみたんだ」

しかし2年が経った頃、ついに目に見えて変化が現れるように!

次ページでジェイミーの3年分の自撮り写真を繋いだ動画をご覧下さい!