日本語って素晴らしい…結婚式の定番ソング「糸」の歌詞に込められた本当の意味

0907
14,814 views

画像引用元:YouTube 

結婚式の定番ソングとして有名な中島みゆきさんの楽曲「糸」。

ミスチルの桜井さん、JUJUさんなど、多くの歌手がカバーしていることでも有名です。

一言で言うなら、人と人のめぐり合わせを歌ったもので、人を糸にたとえ、人と人がめぐり合うことで布が織られていくという、ドラマティックな内容の楽曲となっています。

その「糸」の歌詞の中に、

“縦の糸はあなた 横の糸は私”
“逢うべき糸に 出逢えることを 人は仕合わせと 呼びます”

というところがあります。

「幸せ」ではなく、「仕合わせ」。

日本語には、同じ読みで違う漢字を書くものが多数ありますが、

中島みゆきさんは一体また、どういう意味合いで「仕合わせ」としたのでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!してね♪

  • Twitterでフォローする♪
お友だちにもシェアしてね♪
  • LINEで送る

コメント

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑