画像引用元:karapaia.livedoor.biz 

犬は他者と気持ちを共有しようとする。

それが親しい仲間や飼い主ならばなおさらだ。

飼い主が悲しんでいると一緒に悲しくなっちゃうし、元気になってもらいたくて、一生懸命慰めようとする。

ここにゼウスという名の犬がいる。

飼い主のドロヴィー(drovie)さんはこの日、精神的にすごく辛いことがあって、うずくまりながら泣いていたという。

すると、膝をトントンと何かでつつかれているのに気が付いた。

そこで顔を上げてみると・・・