例え動物であっても、ペットは今や家族同然の存在と感じる人も多い時代。

しかし、人間よりも寿命の短い動物を飼い始めたら、いずれ訪れる永遠の別れは定められた宿命でもある。

大人でさえ、その悲しみからうつ状態に陥る人もいるペットとの別れ。

そんな時、周囲の人の手助けがあれば、前向きな気持ちになれるのかもしれない。

米国の4歳の女の子が愛犬の死を受けて、神様に手紙を送ったという話が米ニュースサイトのニュースバインで紹介されました。

このエピソードは、女の子の母親から送られてきたメールを見た記者が「伝えずにはいられない」と思い、紹介したものです。

多くの読者の心を打ったそのエピソードとは…