消防士が消火後に自撮りをした理由とは? 3万6000以上の「いいね!」を獲得している写真が話題

16,167 views

消防士が消火後に自撮りをした理由とは? 3万6000以上の「いいね!」を獲得している写真が話題

現在1枚の自撮り写真が、世界中で多くの人を感動させている。人気の出る自撮りと言えば、大抵は有名人が撮ったものや、キレイな女性が写っているものなど、見た目に分かりやすい特徴があるものばかりだ。

しかし! 今話題になっている写真は、全くもって華やかでない上に、特に目立つポイントもない。写っているのは男性ばかりで、むしろ男臭い写真である。ところが……この1枚は、3万6000以上の「いいね!」を獲得。大人気なのだ。その理由は、写真に隠されたエピソードにあるッ!

・アメリカで大規模火災発生

2014年5月14日、アメリカ・カリフォルニア州サンマルコス近辺で、火災が発生。火は風に乗って広範囲に広がり、数日間に渡って燃え続けることになった。結果的に約2000エーカーが延焼したというから、240万坪以上が燃えたことになる。いかに大規模な火災であったことが分かるだろう。

当然ながら、大勢の消防士が投入され、消火活動にあたることに。その中の1人に、ティム・バーゴンさんがいた。

・家族に自分の無事を知らせる

懸命な活動の結果、何とか消火の目処がついた。その時彼は、妻と3人の子供に「パパは無事だぞ」と知らせようと、自分の姿を撮影。写真をSNS に投稿したのだ。

するとその画像に、多くの人が反応。「本当にありがとう」「あなた達は本物のヒーローだ」などのコメントが多数寄せられるとともに、3万6000以上の「いいね!」を獲得することになった。

写真を見れば分かる通り、バーゴンさんは寝転がっており、後ろに見える他の消防士も、明らかに全員疲れ果てている。いかに過酷な消火活動だったのかが一目瞭然だ。

事情を知って写真を見れば、誰もが「ありがとう」と言いたい気持ちになること、請け合いである。

引用先:ロケットニュース24

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑