泉谷しげるの全アイドルに聞かせたくなる、あるバンドの姿勢を批判した『プロ論』に心揺さぶられる…!

6,679 views

プロとしてプライドを持つことは大切です。

しかし、自惚れが過ぎれば裸の王様の出来上がり。

既に自分は完璧であると思い込み、これ以上の成長を拒んでしまうのはとても勿体ない事ですね。

とあるロックバンドが無料公演の後、バックステージで悪態を漏らしました。

どうやら客のノリに納得いかなかったよう。

客を咎めるロックバンドに泉谷しげるさんは、プロらしい意見を述べます。

かっこいいプロ論にファン大興奮!

泉谷しげるさんは、東京新聞のコラム「風向計」で、客の態度に不正不満を漏らしたバンドマンについて論及しました。

あるロックバンドがイベントのライブ後、バックステージで

「こんなノリの悪い客の前でヤッてられるか!」とブチ切れたらしい!

無料イベントだからノリが悪かったンだろうが~

そのバンドに人をノセるだけの演奏力が無かったクセに観客のせいにするたぁ、大したプライドだ。

出典元:grape

キレキレのコメントには説得力があります。

これには納得せざるを得ません。

さらに泉谷さんはこのようにも述べています。

「実力って、通りすがりを振り向かせてこそだろ!」

実力は誤魔化しが効かない分、シビアではあります。

そうしてどんなに客を責め立てても誰も評価してくれません。

芸能界は素人が思うよりはるかに厳しい世界のようです。

泉谷しげるさんのプロ論を見て、ネットでは様々な意見が交差しました。

ファンとは、実力とは…。

自分の感覚に近い意見はあっても、一字一句合致することはありません。

ネット上で交差した意見の中に、このようなコメントがありました。

「客は出演者を喜ばせるために存在してるわけじゃない。出演者が客を喜ばせなければなきゃいけない側でしょ」

当然の意見のように思えますが、自惚れてしまうと正常な感覚が麻痺してしまい、本質を見誤ってしまうのでしょうか。

客も出演者も楽しむコンサートを開ける泉谷しげるさんのプロ意識は、本当に素晴らしいですね。

出典元:grape

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑