息子の誕生日に届いた匿名の警告文が添えられた手紙→「あなたは利己主義的な親」

4,179 views

世の中には自己啓発本や育児マニュアルといった人を育てるための本が溢れかえっています。

どの意見を参考にすれば理想的な人間に成長できるのでしょうか。

千差万別とはいいますが、人は自分の考えを押し付けてしまいがちです。

悪意はなくてもこうすればより良い結果に導けるのに等、口出ししがちな人はどの世界にもいるようです。

アメリカはカルフォルニア州在住のブリューニングさん宅届いた一通の手紙。

そこには誕生日を迎えた息子の成長を危惧する声が書かれてありました。

ありがた迷惑な内容にブリューニングさん夫妻は傷心します。

海が好きで、サンディエゴ海岸を一望できるアパートで生活するブリューニングさん夫妻の次男が、6月に誕生日を迎えました。

友人らを集めて行われた息子の誕生日パーティ翌日、夫妻の元に一通の差出人不明の手紙が届きました。

妻のケリーさんはサンタクロースの切手が貼られた可愛らしい手紙を見て誕生日パーティのお礼状と思い、中を開きます。

親へ

あなた方はワガママで、自己中心的な親です。

自分たちが海が好きだからといって、

子どもたちをワンベッドルーム(寝室がひとつの家)の狭いアパートで生活させているからです。

育ちざかりな子どもには、思いっきりはしゃげる広い裏庭が必要。

それに、自転車やブランコだって必要なんですよ。

あなた方だって、今みたいに寂しい環境で育ったわけではないでしょう?

恥を知りなさい。

「恥を知りなさい」とは、ケリーさんも驚きです。

怒りを露わにした手紙。

事実無根の話で埋め尽くされた内容には恐怖さえ覚えます。

誰がこんな手紙をよこしたのでしょうか。

息子の事を知っているあたり、憶測ですが送り主は近辺住人の可能性が高いです。

どういった経緯で手紙をくれたのかは、ブリューニングさん夫妻の知るところではありません。

匿名というあたりが卑怯に感じますが、差出人は子供たちの成長を按じてアドバイスをしたのでしょう。

ありがたいような迷惑な話、ブリューニングさん夫妻の子育て方を根本から否定するのは芳しくありませんが、

差出人は純粋に自分の子育て方を夫妻に伝授しようとしたのかもしれません。

悪意の有無は定かではありませんが、傷ついたブリューニングさん夫妻はこの事態をFacebookに投稿しました。

夫妻を擁護する声が多数あがります。

しかし夫妻の心に負った傷は癒えません。

「手紙を読んだ時は、本当にショックでした。

こんな手紙を送ってくるだなんて、信じられません!

そもそも、人の家族に余計な口出しをするのは良くないと思います。

確かに広い庭はないけど、私たち家族にとってはビーチが庭。

むしろ、庭が広くてラッキーだと思っています」

どれほど傷ついたか訴えたあと、最後は前向きな発言で陰気な空気を霧散します。

人を啓蒙すること自体、悪いことではりません。

相手の為を思っての発言でも、価値観の押し売りは場合によっては迷惑になり、度を超すと人を傷つけてしまうかもしれません。

しかし、眼前に広がるサンディエゴ海岸でのびのびと遊ぶ子供たちの姿を思い浮かべると微笑ましい気持ちになりますね。

出典元:Facebook

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑