「野菜はカロリーないからいくらでも食べていい」という思い込みが彼女を拒食症から救う…!

みなさんは、きちんと食事がとれていますか。

ダイエットをして食事制限していませんか。

無理な食事制限は禁物です。

食事制限をすると、体にも負担がかかります。

この写真はある人物が、ダイエットした後の写真です。

karori
かなり痩せていて、体の方がちょっと心配になります。

彼女は食事制限をしてついに拒食症という病気になりました。

karori1
彼女の名前は、エル・リーツォウさんと言います

エルさんは15年前、競泳の選手でした。

クラスの人気者でとても明るい性格でした。

しかし勉強をしたくて水泳をやめたときに、精神不安定が始まりました。

水泳をやめて体重が増えました。

そのことを気にし始めたエルさんは、ダイエットを考えました。

エルさんは小学生の頃、ぽっちゃりしていて『デブ』と呼ばれていました。

太ることに恐怖を覚えたエルさんは、ダイエットにとらわれました。

karori2
あまりにも体重が落ちていたので、エルさんはカウセリングを受けました。

しかし今度は過食に走り、体重が80キロにまでなりました

だから太らないように痩せ続けるしかないと考えたエルさんは、ハードなダイエットに取り組みました。

karori3
体も骨と皮だけになってしまって、ボロボロの状態になりました

この時点で体重は39キロです。

そして痩せることをますます考えたエルさんは、1日1杯の水しか飲みませんでした。

ついにエルさんは意識を失いました。

このときエルさんは『何か食べなければ死んでしまう』と考えた結果、カロリーが少ない野菜やフルーツを中心にとりました。

karori4
ダイエットのやりすぎは怖いですね。

もしダイエットするなら、野菜やフルーツを多めにとることを考えた方がいいでしょう。

無理なダイエットは禁物です。

出典元:サプライズ

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑