ホッチキスで紙を留める時、たとえ束がぶ厚くても綺麗に留める方法!これは今すぐ試したい・・・

11,569 views

仕事などで、多くの書類をホッチキスで留めると失敗することは多くありませんか?

枚数が多くなればなるほど留める力も必要になってきますし、

ホッチキスの芯が曲がってしまってうまく留めることができなかったり…。

事務所によっては最近の厚紙などに対応したホッチキスを所有している場所もあるかと思います。

しかし、その性能の高いホッチキスがすべての場所で利用されているとは限りません。

もし普通のホッチキスで分厚い書類をまとめなくてはならない時、あなたならどうしますか?

実はこんなときに役立つ画期的な裏技があるのです。

まずは従来のやり方を見てみましょう。

hotti2

片手ではなかなかホッチキスの芯が貫通しません。

hotti3

無理に力が入っていき、ついには両手で押し始めます。

これも結構大変な作業です。

hotti4

仕上がりは針が貫通しません。

力を入れ過ぎていたときには、ホッチキスの芯が曲がっていたりすることもあります。

これを何度か繰り返すと、紙が汚くなってしまって最終的にはぐちゃぐちゃになってしまいます。

では、裏技を試してみましょう。

分厚くても一回で綺麗に留めることができる画期的な方法です。

ご覧ください!

すごく簡単ですよね?

hotti5

まずは発泡スチロールのトレーを用意します。

これはスーパーなどで、お刺身やお惣菜に使われている物なので簡単に手に入りますね。

hotti6

その発泡スチロールを5センチ角にカットします。

hotti7

このように、5センチ×5センチのサイズにカットした発泡スチロールが今回の裏技のポイントです。

hotti8

この発泡スチロールをホッチキスで留める位置の下に置きます。

hotti9

ホッチキスで留めます。

片手でとはいかない時もありますが、普通のときより無理な力を入れなくてもホッチキスの芯が貫通します。

ここからは仕上げです。

hotti10

発泡スチロールを外すと、このようにホッチスの芯が飛び出た形になっています。

hotti11

ホッチキスの持ち手の金具で飛び出た芯をしっかりと曲げると…。

hotti12

出来上がりです。

とても綺麗に、しっかりと留めることができました。

ではなぜ普通にやってもできなかった紙を簡単に留めることができたのでしょう?

実は発泡スチロールを挟むことにより、紙の反発する力を和らげる役割を果たしてくれています。

クッションのような役割ですね。

そのおかげで、そんなに力を必要とせずとも紙に貫通させることができたのです。

この方法は一体誰が考えたのでしょう?

考えた方はすごいですね。

これからぜひ仕事などで活用してみてください。

いつもより綺麗に留めることができて仕事も楽しくなるかもしれませんね。

出典元:YouTube

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑