飛行機のトイレで出た汚物は外から地上へ落とされている!?衝撃の真相はこちら・・・

15,976 views

飛行機に乗った時に、トイレを利用することはもちろんありますよね?

長時間のフライトであればなおさらです。

初めてトイレを利用して、流す時に「シュゴッ!」という音がして驚いた経験がある方も多いかもしれません。

そして、その流された排泄物がどうなっているか考えたことはありますか?

自宅のトイレでは下水管に流されて下水処理場につながっていきます。

しかし、空では下水管につなげることがもちろんできません。

明らかに構造も違いますよね?

そのため、詳しい仕組みまで知らないという方がほとんどでしょう。

実は昔は排泄物はそのまま空に放っていたようなのです!

本当かどうか気になりますよね?

昔は空に放られていたという排泄物。

これは真実です。

海の上、市街地の上問わず放出していたのです!

空から排泄物が降ってくるなんて想像できませんよね?

実は排泄物は気圧の関係で霧状になってしまうのだそうです。

と聞いても、霧状とはいえ排泄物が放出されるのは嫌ですよね・・・。

もちろん現在は改善されて、外に放出することは一切なくなったそうです。

「循環式」と「バキューム式」によって、飛行機の機内のタンクに収められるようになっています。

循環式トイレとは、汚物を流すための水を循環させる仕組みです。

ただ洗浄に使った汚い水をもう一度使うわけではなく浄化、殺菌をしたものを繰り返し使うそうです。

しかし何度も使う、使用頻度が増すことによってどうしても汚れてしまいます。

また、トイレとタンクの距離が長くなると必要な水の量が増えてしまうため、各トイレごとに汚物タンクが必要でした。

循環式の導入により、飛行機から放出されるより良くはなりましたが、

各トイレごとにタンクが必要だとちょっと効率が悪いですよね?

そこで新しく考えられたのがバキューム式。

バキューム式(真空吸引式)とは、水ではなく強力な吸引力を使って汚物をタンクまで運ぶ方式です。

これは飛行機の中と外の気圧差を利用し、強力な吸引力によって排泄物をタンクへと移動させるという仕組みなのです。

obutu1

飛んでいる飛行機の中は0.8気圧、外は0.2気圧ほどです。

気圧は低い方に流れるため、その気圧を使って排泄物を吸い込みます。

そして排泄物はタンク内に残し、空気はそのまま飛行機外に排出される構造なんだそうです。

気圧差を利用しているというなら、離陸前の地上では利用できないのでしょうか?

そうではありません。

気圧差がない時は、バキュームフロアという掃除機を大きくしたような機械を使ってタンク内の気圧を下げることによって、

人工的に気圧差を作っているそうです。

いかがでしたか?

飛行機に乗る機会は多くても以外と知られていないトイレの仕組み。

昔は外に放出されていたとは驚きですよね・・・。

しかし、現在は無駄なく排泄物をタンクに移動させているようです。

バキューム式トイレは最近では新幹線でも使われているそうです。

飛行機や新幹線に乗った時、ぜひこのことを思い出して利用してみてはいかがでしょうか?

出典元:Cadot

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑