社会人としての常識?『18歳過ぎて化粧しないのはマナーに欠ける』という世の理不尽な意見に美容部員が物申す!

2,750 views

最近は、小学生や中学生でも化粧をしています。

さらに、子供用化粧品まである時代です。

そんな中、社会人になると「化粧をするのが当たり前」「化粧しないと失礼」などと言われる時があります。

しかし高校生までの間は、化粧をしたり髪を染めたりするのは、いわゆる“不良”のする事と教えられた世代の方も多いと思います。

そしてなぜか社会人になると、今まで“不良のすること”だった化粧が高校を卒業して社会に出るタイミングとなる18歳を境に、

“社会人の常識”として扱われます。

よく考えれば、理不尽なことだと思いませんか?

そんな内容がTwitterに投稿されたのですが、それに対してやはり抵抗を感じた人のツイートが話題になっています。

さてどんな内容なのでしょうか?

話題のツイートを投稿したのは、BA(ビューティーアドバイザー)をしているTwitterユーザーの黒河けーこさん(@chocolad0121)は、

こんなツイートが流れてきて以下のように投稿されています。

確かに化粧品が肌に合わない人や、学校が化粧禁止でそれまで化粧をする機会がなかった人もいます。

それなのに社会人になった途端、常識として身だしなみの一部扱いされては理不尽に感じます。

このツイートは、それぞれ数千数万単位でRT(リツイート)されるほど話題となり、たくさんの反響を呼びました。

このツイートを見た人たちからは、多くの方が「よく言ってくれた!」と共感しているようです。

皆さんはどう思いましたか?

化粧に関しては、男性にはあまり関わりのないものかもしれないですが、女性にとってはかなり重要な問題です。

外見に非常に厳しい日本人。

もう少しだけ人の事情を汲んであげる優しさを持てたら、多くの方が気持ちよく過ごせるようになるのではないでしょうか。

女性に関しての問題は多々ありますが、

これからは女性がより活躍し働ける環境を整える必要のある時代になっているのかもしれませんね。

出典元:Twitter

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑