森を撮影していた→するとそこに、あまりにも意外すぎるものが写されていて少し戦慄する…!

8,981 views

「森の中」と言うと、みなさんはどういうイメージを思い浮かべますか?

マイナスイオンたっぷりの森林浴?

野草やキノコ、あるいは動物たちとの出会いの場?

はたまた幽霊や森の主が潜んでいるような、ちょっと怖いイメージでしょうか?

今回は森の中で捉えた“コワイ画像”をご紹介いたします。

今回ネットを騒がしている画像を投稿したのは、バージニア工科大学の准教授マルセラ・J・ケリーさん(@marcellajkelly)。

ケリーさんは森にカメラを設置し、野生のヤマネコやクマ、野鳥などを観測する活動をしています。

赤外線カメラを木に固定し、昼夜問わず森に住む動物たちの生き生きとした活動を撮影していました。

動物園の動物たちとは違って、やはり野生感がありますね。

さて、ケリーさんは今回もいつものようにカメラを設置し、撮影された映像のチェックを行っていました。

そのとき、ケリーさんはカメラに映り込んでいた“ある存在”を発見したのです。

それは明らかに、動物でも昆虫でもない、それ以外のものでした・・・!

恐そうですが、早速、問題の画像を見てみましょう・・・。

mori1

mori2

なんと、写り込んでいたのは「四つん這いで走る裸のオジさん」だったのです。

画像からもその疾走感が伝わってきますが、それよりも森の中でなぜこんな人が、と謎が深まるばかりです。

本物の野生児(「児」ではなさそうですが…)なのか、それともケリーさんのカメラを知っていてイタズラしたのか・・・。

いずれにせよ衝撃画像ですね。

ケリーさんの実際のツイートはこちらです。

「森に設置したカメラに、こんな霊長類が映っていました。

別の画像はアレがとても鮮明に映っていたので、投稿しないことにしました。

こんなことは初めてです。」

・・・そりゃあ、初めてのことですよね(笑)。

今回の問題画像に対して、ツイッターにはコメントが続々寄せられています。

何か言わずにはいられませんよね(笑)。

・全裸で駆け回ったら全身スリ傷だらけになりそうw

・ムシャクシャしてやったんですかね~それとも偶然カメラ見つけて魔が差したとか

・森の妖精説に一票←

・野生動物に育てられた人間とかかな?

やはり、色々な憶測を呼んでいるようですね。

真相は藪の中、いや森の中ですね。

いかがでしたか?

色んな意味で意表を突かれましたね。

イタズラだとしたら、みなさんは絶対にマネしないようにしましょう!

出典元:Twitter

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑