ウガンダ人が日本の満員電車に対してつぶやいた言葉に考えさせられる・・・

5,867 views

日本の学生、会社員は一度は経験した事がある満員電車。

満員電車の中は、日本人である私たちでも驚くほど混み合っています。

都心であればあるほどぎゅうぎゅう詰めの満員電車になりますよね?

そんな満員電車を目の当たりにしたアフリカのウガンダからの留学生が、日本人の友人に語った言葉には驚きます。

満員電車が当たり前、他人との距離がどうしても離れがちな日本の風潮に慣れている日本人には全く思いつかない、

ウガンダの国民性を表すような発言でした。

ウガンダ人の留学生はぎゅうぎゅう詰めの満員電車の人の多さにも驚いたようですが、

そこの殺伐とした空気の中で黙って乗っている事に驚いたようです。

そして、こう呟いたそうです。

「あんな狭いところにあの人数・・・ウガンダ人なら多分みんなで歌ってる!」

日本人にはみんなで歌いだすなんて発想は全くないですよね?

この言葉でこのウガンダ人留学生と日本人の育った環境が全く違う事、それによって考え方も全く違う事がよくわかりますよね。

実はウガンダ、アフリカ一朗らかな国とも言われています。

ウガンダ人留学生の発言はウガンダ独特の国民性にあるようです。

世界の様々な国を旅し、

そのことを綴っている”tommi”さんのブログ「たびのもと。」にウガンダを旅した時の様子が綴られていました。

ウガンダの都市部では交通渋滞も酷く、交通ルールもめちゃくちゃなのだそうです。

日本でこんな状態だったら、クラックションや怒号が飛び交う恐ろしい事態になってしまいるかもしれません。

しかしウガンダでは他の国とは違い、クラクションの音が全く聞こえなかったそうです。

またご飯の際に一緒になったウガンダ人はみんなフレンドリーで優しく、気の良い人が非常に多かったそうです。

「ウガンダの人々は、性格が朗らかで、決して怒ったりしないよ。」

とウガンダ人の人々は言っていたそうです。

ウガンダ人の留学生の言葉は、こう言った朗らかなウガンダ人の国民性にあったようですね。

みんなが仲良く、フレンドリーで朗らかな国。

こんな国で育ったからこそ、満員電車で「歌ってる」という発想ができるのでしょう。

満員電車の殺伐とした空気は仕方がない、当たり前のものだと考えていました。

しかし、もしこの満員電車に乗っているのが日本人ではなくウガンダ人だったら?

殺伐とした満員電車も楽しい雰囲気に変わってしまうのでしょう。

考え方次第で楽しい場所に変える事ができる。

このウガンダ人留学生の一言に、我々日本人は考えさせられてしまうのではないでしょうか?

出典元:Twitter

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑