海外でクレジットカードを使用するときに「日本円決済」をしてはいけない理由を知っていますか?

15,406 views

旅行やビジネスなどで外国に渡ることは当たり前の時代になりました。

向こうでも、何事も「お金」が必要になりますが、今回は海外での「クレジットカード決済」に関することをご紹介します。

海外での支払い方法の1つとしてクレジットカードを使う方は多いと思いますが、その際は「日本円」で決済していますか?

それとも「現地通貨」で決済していますか?

「どちらもそんなに大差は無いんじゃないの?」と思われるかもしれませんがいえいえ大違い!

「日本円」で決済すると大損する可能性もあるのです!

この話題は、あるツイッター投稿から始まります。

Twitterユーザーのだめとれ(@dame_tre)さんが香港国際空港を訪れたときこと。

代金の支払い方法をカード払いにしたそうなのですが、そのときの画面表示がちょっと“モンダイ”なのだとか。

kure1

kure2

なるほど。

だめとれさん曰く、日本円決済は現地通貨決済より高くつくとのこと。

そしてさらに問題なのは、そういった説明無しに日本円決済を選択させるようになっているという点ですね。

みなさんご存知でしたか?

日本円決済と現地通貨決済の違いについては、三井住友カードのサイトにこんな説明が記載されています。見てみましょう。

【決済通貨が選択できる場合】

お店によっては、現地通貨、日本円(JPY)どちらで決済を希望するか選択いただける場合があります。

日本円を指定した場合、その場で支払金額を確定できるメリットがありますが、

お店が決定した為替レートで日本円に換算されることから、

弊社で日本円に換算する場合に比べて割高になる可能性がありますのでご注意ください。

日本円での請求を希望しない場合は、その場でお店へ申し入れを行ってください。

参照:三井住友カード「ショッピングでのご利用にあたり」

カード会社もこのような注意喚起をしていることから、やはり海外では「現地通貨決済」の方が安心と言えますね。

この話題に対して、ネットからも続々とコメントが寄せられています。

既にご存知の人もいるようです。

より海外での支払いの「常識」になっていくと良いですね!

いかがでしたか?

コメントの中にもありましたが、こちらが無知だと思って日本円決済を勧めてくる“コワイ”お店もあるようです。

みなさんご注意を!

出典元:Twitter

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑