何の変哲もない中古のソファー→そのクッションの中に、予想外の物が隠れていた!

8,853 views

アメリカ、ニューヨーク州立大学の学生である、ララさん、リーズさん、カーリーさんの3人はルームメイト。

2014年に引っ越してきた彼らは、その小さなアパートで共に暮らすことになりました。

あまりお金に余裕がなく、贅沢はやめて質素な生活を送ろうとする彼らでしたが、ある程度家具等を準備する必要があります。

ソファーの購入を考えるものの新品の購入はせず、妥協して地元のリサイクルショップへ向かいました。

sofa1

品数が少なく、仕方なく小さな部屋における唯一のソファーを購入することにした彼ら。

部屋に置き、3人並んで座り、早速映画を楽しんでいた時。

彼らはソファーのクッションの中に、何だか妙に硬いものがあることに気付きました。

気になってジッパーを開けてみると、まず封筒が目につきました。

覗いてみると、そこには700ドルが!

しかも、驚きはそこ迄ではありませんでした。

他にも別の封筒を見つけ確認すると…!?

出てきたお金の総額はなんと日本円で約440万円程になる、4万1,000ドルだったのです!

sofa2

sofa3

これはびっくりしますよね…!

心躍らせた3人は、まず3人で山分けすることを考えましたが、

ソファーを探る間に名前が書かれた封筒を見つけた彼らはふと冷静になります。

これは誰かの持ち物であり、誰かの大切なお金なのだと気付いた3人は相談し合い、持ち主を探してお金を返すことにしました。

電話帳にその名前を見つけた彼らは、電話をかけました。

出たのは老婦人でこの老婦人の持ち物を見つけたということ、ソファーのことを伝えるとたいそう驚いたと言います。

老婦人によれば、そのソファーには実際にお金を隠していたのだそうです。

若者がソファーの中身に気付いてお金を返す為に電話をくれたことに気付くと、とても感謝したそうです。

老後の資金を隠したソファー。

ご主人亡き後、ソファで眠るようになった老婦人は体を痛め、

娘さんがベッドを購入したことでその古いソファーは良かれと思って処分してしまったそうです。

母娘共にとてもガックリとしたことでしょう。

正直な学生さん達のお蔭で大金が戻ってきて、本当に嬉しかったのでしょう。

老婦人は彼らに感謝の気持ちを込め、10万ドルを送ったのだそうです。

「正直者には福がある」ということですね!

誰かのお金をネコババして手に入れた物か、正しいことをしてもらったお礼のお金か。

重みも使う時の気持ちも、全然違いますね。

きっとこの謝礼金で3人の学生さんは、ハッピーな共同生活を開始できたことでしょう。

出典元:Facebook

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑