自閉症の男子生徒から突如マイクを取り上げた教師!子供を傷つけ、両親を激怒させたある女教師の行動に非難殺到…!

2,842 views

感謝祭(Thanksgiving Day)、それはアメリカやカナダの祝日のひとつ。

親類縁者が集まり、食事をしたりして楽しく過ごすのが一般的なのだそうです。

ウェストバージニア州に暮らすケント・スクワイヤーさんは、息子さんの学校で行われる感謝祭に参加していました。

高機能自閉症を抱える息子で6歳のケイレブ君。

息子さんは劇で七面鳥の役を演じることになっており、ケントさんは心から楽しみにし、撮影の準備もしていたのだといいます。

しかしその楽しい筈の感謝祭で、悲しい出来事が起こりました。

七面鳥の被り物をして一生懸命演技をする息子さんの姿を、ケントさんは撮影しました。

劇は無事に終了し、その後子供達ひとりひとりが舞台で挨拶をしていったのだといいます。

しかしケイレブ君が挨拶をする番になって、教師は見る人を唖然とさせる信じがたい行動をとりました。

ある女教師が、彼が話そうとした時にマイクを取り上げたというのです。

話そうとしていたケイレブ君は、余程驚いてしまったのでしょう。

声をあげると、そのまま泣き出してしまったそうです。

ケントさんもまた撮影を止めました。

大切な息子さんが、傷つけられたことに酷く憤ったことでしょう。

この出来事は、スマートフォンに映像として残っていました。

彼はFacebookに動画を投稿。

ケントさんの妻のアナンダさんも同様にインターネット上に動画をアップし、苦しい胸の内を伝える言葉を載せました。

それは沢山の人々によって拡散され、その女教師ひいてはその学校に非難が集中することになったのです。

沢山の苦情と怒りの声が殺到したのでしょう。

『WDTV 5 News』にて、その後学校側は釈明しました。

「劇のプログラムが終了したのだと、勘違いした。教師はそのためマイクを回収した、悪意はなかった」

しかしそれは、その女教師と学校側に非があったことを認めたくないが故の苦しい言い訳にしか見えないと感じてしまいます。

学校で力を持つ教師が、このような振る舞いをするなど決してあってはいけません。

ケイレブ君は驚き、脅え、とても悲しかったに違いありません。

ご両親の怒りも最もです。

子供達を健やかに育てるべき教育の現場で、このようなことがあったのはとても悲しい事です。

こういった教師が子供達に与える影響を考えると胸が痛み、やるせない気持ちになりますね。

出典元:facebook

  • LINEで送る

人気ランキング

人気のキーワード

PAGE TOP ↑